良 感 探 訪!
FC2ブログ
2020.06 □  123456789101112131415161718192021222324252627282930 
プロフィール

ki4_zou

Author:ki4_zou
アタラシもの&車好きのテクニカル・ライター。「伝える」と「伝わる」、「わかった喜び」を考えながら、日々テクニカル・コミュニケーション&タイムドメインスピーカーを手にしたチューニング・製品開発に精進しています。

良感ってなに?
「良感」って聞いた事がない言葉ですよね。
それもそのはず、何しろ勝手に作らせていただいた言葉ですから。

きっかけは、イタリア語の"simpatico"(aは`付)という言葉。
伊日辞書では「いいかんじ」になるのですが、巷で使われている「イー・カ・ン・ジ」とは、ちょっとニュアンスが違います。イタリア人は、見た目の善し悪しだけでなく、内面的な好感や親しみをこめて使っています。そんな言葉と「イー・カ・ン・ジ」を区別して使いたいと思い、「良感」と表現した次第です。

このブログでは、そんな好感や親しみの持てる言葉/話/物/人を取り上げて、人々に本当に役立つ話題や、世の中が朗らかになる話題を書き留めています。昨今殺伐とした社会生活が、少しでも明るくなり、人々が仲良く共生できるようになればと願っています。
ブログランキング
にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器へ
耳より情報
自然な音で録れるエノキダケマイク「モバイルタイムドメインマイク Gufo F」


2017/4/18〜21にTOWER RECORD ONLINEでポイント12倍セール開催!!

RG1ステップワゴン with BLIZZAK REVO GZで初雪道

いよいよスタッドレスタイヤBRIDGESTONE BLIZZAK REVO GZ 205/65R15を履いたRG1ステップワゴンで初スキーに行ってきました。


201401_01BZKGZ01.jpg

そこで、BLIZZAK REVO GZのインプレッションをまとめてみました。
なお、比較対象は前タイヤのBLIZZAK REVO2(初年当時)、タイヤサイズは205/65R15となります。

まずは、高速道路のインプレッション。

いまどきの国産スタッドレスタイヤは、65タイヤでも高速を100km/h前後で走っても特にふらつくようなことはありません。
REVO GZでは、REVO2よりも若干ロードノイズが小さくなった感じです。
これは街中での印象と同じですね。

ただし、スタッドレスタイヤ時に感じる横風への敏感さは、旧モデルと同程度でした。
夏タイヤでは、背の高さをほとんど感じないRG1ステップワゴンですが、スタッドレスタイヤ装着時は並のワンボックスミニバン(夏タイヤ)程度には横風へのふらつきを感じるようになりますので、運転は用心が必要です。


さて、いよいよ雪道のインプレッション。

毎年来ているのは、たんばらスキーパーク。

このスキー場は、沼田インターから近いですが標高は結構あります。
ということで、インターから短い距離で一気に坂を登ることになります。

と言っても、最初は農村をゆるゆる駆け上がり、途中で積雪路に。

そして、最初の難関は、なめこセンター先の温泉宿付近の登り坂です。
今年はすでになめこセンターの手前から雪があったので、夏タイヤの人は、この手前でチェーンを着けましょう。

REVO GZのRG1(FF車)は、難なくこの坂をクリア。

たんばらの場合最大の難関となるのは、山のくねくね区間ではなく、実は山区間の始まりとなる最終公衆トイレ先の直線的な林区間と思います。

ここでは、新品当時のREVO2でも若干空転していました。
ところが、今度のREVO GZでは見事にほぼ空転無しで登り切りました。
(タイヤが空転すると、スピードが出ていないのにスピードメーターの表示だけがバッと5km以上増えます。)

試しに、わざと踏み込んでみると、わずか空転気味となりますが、いきなり回ってしまうこと無く粘ります。
これは、だいぶ進化しているという印象でした。
これなら雪道で使う神経も少し楽になるのではないかと思います。

その先のくねくねコーナーや速度が落ちるヘヤピンカーブでも、わざと踏み込んで空転させてみましたが、常に粘る印象で、滑り出しが穏やかでした。

201401_01BZKGZ02.jpg

これは、なかなかいいですね。


さて、滑り終わって帰りの下り道。
朝の真っ白とはうって変わって、だいぶ黒っぽい路面です。
この半端に解けた積雪路がくせもので、凍った部分を見極めながらの運転となり、神経を使う区間です。

201401_01BZKGZ03.jpg

ここの下りでは、最初ドライバーの足裏感覚が鈍くてゆっくり走りましたが、だんだん足裏が雪道モード感覚を取り戻してくると、なかなかわかりやすいタイヤでした。

タイヤの粘り感が雪、ざらめ、氷、濡れた舗装をブレーキペダルに伝えてくれるので、下り始め4分の1を過ぎたら急に楽に感じて適度なブレーキコントロールで、いいペースで降りて来れました。

ブレーキ性能的にも進化したスタッドレス性能が効いているようです。

帰りの高速は、横風が弱まり、順調に自宅へ帰宅することができました。

このBRIDGESTONE BLIZZAK REVO GZ 205/65R15は、思ったよりも性能差があって、満足ですね。
敢えて最新のREVO VRXではなく、旧型REVO GZにしたので価格も交換一式込みで約7万円とリーズナブルでした。
あとはどれくらい保つかですが、これは乗ってみないとわかりませんね。

この静さは夏の乗りたくなりますが、大事なスタッドレスタイヤですから、春はさっさと取り替えて大切に使おうと思います。



icon Y9P大理石製インシュレーターが解き放つ
  TIMEDOMAIN Yoshii 9の新たな世界!?
    部屋の広さを越えて広がる余韻&一回り下のクリアな低音!
    「TIMEDOMAIN Yoshii 9 Premium」!


↓同じテーマの人気ブログはこちら↓
《↓同カテゴリの人気サイトはこちら》
にほんブログ村 車ブログ ホンダ(車)へ
スポンサーサイト



2014.01.06(Mon)  HONDACOMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
コメント

 管理者にだけ表示を許可する
   
月別アーカイブ
ブログ内検索
カウンター
ネット便利リンク集
ネット通販サイト比較表


ビックカメラ.com

Top