良 感 探 訪!
FC2ブログ
2020.01 □  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 
プロフィール

ki4_zou

Author:ki4_zou
アタラシもの&車好きのテクニカル・ライター。「伝える」と「伝わる」、「わかった喜び」を考えながら、日々テクニカル・コミュニケーション&タイムドメインスピーカーを手にしたチューニング・製品開発に精進しています。

良感ってなに?
「良感」って聞いた事がない言葉ですよね。
それもそのはず、何しろ勝手に作らせていただいた言葉ですから。

きっかけは、イタリア語の"simpatico"(aは`付)という言葉。
伊日辞書では「いいかんじ」になるのですが、巷で使われている「イー・カ・ン・ジ」とは、ちょっとニュアンスが違います。イタリア人は、見た目の善し悪しだけでなく、内面的な好感や親しみをこめて使っています。そんな言葉と「イー・カ・ン・ジ」を区別して使いたいと思い、「良感」と表現した次第です。

このブログでは、そんな好感や親しみの持てる言葉/話/物/人を取り上げて、人々に本当に役立つ話題や、世の中が朗らかになる話題を書き留めています。昨今殺伐とした社会生活が、少しでも明るくなり、人々が仲良く共生できるようになればと願っています。
ブログランキング
にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器へ
耳より情報
自然な音で録れるエノキダケマイク「モバイルタイムドメインマイク Gufo F」


2017/4/18〜21にTOWER RECORD ONLINEでポイント12倍セール開催!!

クラウン/レクサスの痛いリコール
6月26日にトヨタからリコールが発表されました。
“急ブレーキの恐れ”トヨタ「クラウン」など2万台リコール

レーダーを使った運転アシスト装置が誤検知して不要な急ブレーキをかけるということのようです。

こう言った装置はとても意義がある一方、誤動作したときのリスクも大きく、モーターショーには出ても製品化は二の足を踏むメーカーが多いのではないでしょうか?

それは、製品化するには、膨大な実験データで検証を重ねる必要があるからです。

でも、資本出しているスバルの「アイサイト」が大好評とあらば、遥かにお偉いトヨタ様が何もしないわけにはいかないと出してきたようです。

しかし、ここで豊田章男社長になる前のサラリーマン社長達のつけがまわってきたのだと思います。

そう、コンピュータ・シミュレーション化を推進し、試作車を減らして目先の利益を増やしてきた方々です。

製品化する前に十分な検討をするのは当然ですが、どれだけ検討したものでも、実際の形になると予想外の事が起きるわけです。手を動かしてものづくりやる人なら大抵知っていることと思います。

コンピュータ・シミュレーションも有効な部分は多々ありますが、所詮は人が頭で考えたプログラム!

想定外のことは検証できないのですが、あたかも万能のように扱う風潮には危惧していました。

で、やっちゃいましたね、トヨタさん!!

全くの私見ですが、こういうリコールは、きっと試作不足、実験不足のツケでしょう。

もっともっと実物を動かしてデータを取る必要があったのだと思います。


一方、スバルのEyeSightの方が何倍も台数がでているのに、こう言った話は聞きません。

というのも、EyeSightの原形は、24年くらい前のモーターショーには出ていたように思います。

それから地道に実験とデータ収集を重ね、警告アシスト機能だけの製品を経て、EyeSightがあるわけです。

売れているからと言って真似したところで、到底追いつけないような実験データの蓄積があって、はじめてEyeSightが無事に動いているわけです。

こういう地道なコストは、アメリカ会計になってから大手企業のほとんどが切ってしまいました。
でも、ものづくりには必要な無駄なのではないでしょうか?


確か、24年前にステレオカメラ方式なんて、馬鹿にされていたことでしょう。

当時はミリ波レーダーや赤外線式を研究するメーカーが多かったと思いました。

しかし、レーダーでは決定的に誤検知を回避できない!

そして、コンピュータは速く、安くなった。カメラも小型で安くなった。

スバルのエンジニアが選んだステレオカメラ方式は、決定的な優位点があるから、製品化を実現し、さらに誤動作もなく、意図した通りに動いているのだと思います。

唯一無二の技術として優位さをしばらく保つことでしょう。

そして、トヨタのこのリコールは、原理的な欠陥を伴ったとても根の深い「痛いリコール」になるのではないかと予想しています。

手を動かして、ちゃんとものづくりに取り組む姿勢が、実は一番の日本復活力なるのではないでしょうか?

ミニEタイプ" 音の粒が飛んでくる!?
  生々しい演奏が目の前に広がる!
    未だかつてない鮮烈な音のmini!!
 TIMEDOMAIN mini E type Tuned by T-Loop」!
そしてその先、mini E type Premium 新発売!

↓同じテーマの人気ブログはこちら↓
《↓同カテゴリの人気サイトはこちら》
にほんブログ村 車ブログ ホンダ(車)へ
スポンサーサイト



2013.06.28(Fri)  COMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
コメント

 管理者にだけ表示を許可する
   
月別アーカイブ
ブログ内検索
カウンター
ネット便利リンク集
ネット通販サイト比較表


ビックカメラ.com

Top