良 感 探 訪!
FC2ブログ
2020.08 □  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 
プロフィール

ki4_zou

Author:ki4_zou
アタラシもの&車好きのテクニカル・ライター。「伝える」と「伝わる」、「わかった喜び」を考えながら、日々テクニカル・コミュニケーション&タイムドメインスピーカーを手にしたチューニング・製品開発に精進しています。

良感ってなに?
「良感」って聞いた事がない言葉ですよね。
それもそのはず、何しろ勝手に作らせていただいた言葉ですから。

きっかけは、イタリア語の"simpatico"(aは`付)という言葉。
伊日辞書では「いいかんじ」になるのですが、巷で使われている「イー・カ・ン・ジ」とは、ちょっとニュアンスが違います。イタリア人は、見た目の善し悪しだけでなく、内面的な好感や親しみをこめて使っています。そんな言葉と「イー・カ・ン・ジ」を区別して使いたいと思い、「良感」と表現した次第です。

このブログでは、そんな好感や親しみの持てる言葉/話/物/人を取り上げて、人々に本当に役立つ話題や、世の中が朗らかになる話題を書き留めています。昨今殺伐とした社会生活が、少しでも明るくなり、人々が仲良く共生できるようになればと願っています。
ブログランキング
にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器へ
耳より情報
自然な音で録れるエノキダケマイク「モバイルタイムドメインマイク Gufo F」


2017/4/18〜21にTOWER RECORD ONLINEでポイント12倍セール開催!!

スワンボートの悔い
先日、山中湖を訪れた際、かねてより子供の希望だったスワンボートに乗りました。

しかし、当日は結構な風。
係員に、「この風で大丈夫なのか?」
という問いに対し、「大丈夫だ」とのこと。

実際に、乗ってみると...。

凄い揺れ。
かろうじて水は入らないもののの、ふちぎりぎりまで波が迫り、スワンボートは激しいうねりに翻弄される事態。
漕ぎ出して1分以内に、後悔の嵐でした。

それどころか、とにかく決定的なことが起こらないように、必死の操船&ペダル漕ぎ状態。
特に時々押し寄せる大波に、舳先を何とか立てるのが精一杯。

そう、全く楽しくもなんともありません。

こんなところで、浸水/救助騒ぎになったら...とよぎるばかり。
結局、5分で引き返すことを決意し、5分をかけてなんとか桟橋まで戻りました。

そして、30分に対して10分で戻っても、係員は何とも言葉無し。
おまけに視線も合わせない。
こうなることは予想通りだったようです。

まあ、乗ることを決めたのは自己責任ですし、ジェットコースター好きの家族なら、とても楽しいものだったでしょう。
実際、長々と乗っていた方もいましたから。

でも、うちは観光地商売にまんまと騙された気分。
山中湖のイメージはがた落ちです。

ただ、何も言わずに乗っていたら全くこちらの非ですが、乗る前に訊いていただけあって、ただ「大丈夫」だけで乗ってしまったことに悔しいかぎりです。
まあ、基本的に自己責任ですから、しかたがないことですけど。

今回の教訓。

とにかく、遊覧船が就航するような大きな湖では、決してボートは借りないこと。
もし風が無くても、大型船やモーターボートの波に翻弄されること確実です。

そして、三角波が立つような風のときに、決してボートは借りないこと。
大波が無くても楽しいものではありません。

さらに、山中湖のような観光地で、場当たり商売人の言うことは決して信じないこと。
必ず自分で状況を観察し、自分で判断する。
まあ、あくまでも「自己責任で後悔のないように!」ということですね。

ともかく、物を落としたり、水かぶったり、浸水しなかっただけ、よかったということにしておきましょう。

親子共々、いろいろ勉強したできごとでした。

スポンサーサイト



2011.09.25(Sun)  こもれびCOMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
コメント

 管理者にだけ表示を許可する
   
月別アーカイブ
ブログ内検索
カウンター
ネット便利リンク集
ネット通販サイト比較表


ビックカメラ.com

Top