良 感 探 訪!
FC2ブログ
2020.08 □  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 
プロフィール

ki4_zou

Author:ki4_zou
アタラシもの&車好きのテクニカル・ライター。「伝える」と「伝わる」、「わかった喜び」を考えながら、日々テクニカル・コミュニケーション&タイムドメインスピーカーを手にしたチューニング・製品開発に精進しています。

良感ってなに?
「良感」って聞いた事がない言葉ですよね。
それもそのはず、何しろ勝手に作らせていただいた言葉ですから。

きっかけは、イタリア語の"simpatico"(aは`付)という言葉。
伊日辞書では「いいかんじ」になるのですが、巷で使われている「イー・カ・ン・ジ」とは、ちょっとニュアンスが違います。イタリア人は、見た目の善し悪しだけでなく、内面的な好感や親しみをこめて使っています。そんな言葉と「イー・カ・ン・ジ」を区別して使いたいと思い、「良感」と表現した次第です。

このブログでは、そんな好感や親しみの持てる言葉/話/物/人を取り上げて、人々に本当に役立つ話題や、世の中が朗らかになる話題を書き留めています。昨今殺伐とした社会生活が、少しでも明るくなり、人々が仲良く共生できるようになればと願っています。
ブログランキング
にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器へ
耳より情報
自然な音で録れるエノキダケマイク「モバイルタイムドメインマイク Gufo F」


2017/4/18〜21にTOWER RECORD ONLINEでポイント12倍セール開催!!

現代、社長しぐさ
最近目にとまったニュースが、JALの社長の話です。

経営再建中のJALですが、その社長がバスで通勤し、年俸もパイロットより少ないことが、アメリカのCNNで報道され、ユーチューブで話題になっているそうです。



これに対するアメリカ人の反応もさまざまで、アメリカ企業の社長も見習うべきと賞賛する声もあれば、CEOとして非効率な行為だと批判する声もあるようです。


しかし、これは会社に対する日本人とアメリカ人の文化の違いが現れているということかと思いました。

アメリカで大企業のCEOともなれば、多額の報酬が当たり前となっています。
またストックオプションなど報酬として自社株を受け取ることもあります。
確かに利益が上がれば、それは経営者の功績かもしれませんが、事業収益や株はそもそも事業を継続/発展させるための資金調達手段のはず。
だから株が上がった分は次の事業への投資に当てるか、すでに借り入れている事業資金の返済に当てるべきものと思います。

それを経営者個人の懐に入れてしまうのは、資本主義のしくみを裏切るような行為に思えてなりません。それが当たり前になっているアメリカ資本主義はすでに壊れているように思います。
実際、最近の米国金融危機では、アメリカ式資本主義・市場経済主義が自らの裾を踏んで大崩壊しているようにみえます。


日本で社長というと、高額報酬というよりは、どういう事業をしてきたかが記憶に残ります。
もし自分で起こした会社で利益が出たら、それを元手にいかに次の事業を発展させるか、さらにお客様へのサービスを充実させるかを考えるでしょう。
経営者の報酬を上げるのは最後の最後です。
また、赤字や資金繰りが苦しくなったら、まず削るのが経営者の報酬でしょう。
自分よりもまず商売と従業員の給料/雇用を優先して考えます。

大企業ともなれば順番待ちのサラリーマン社長が多くて、当てはまらない企業も多いのですが、このJALの社長は本来の社長しぐさができる良感な人物と思います。

日本でもライブドア事件やITバブルのように、自社株の時価総額を自慢して、高値時に自社株を売り抜いて、差益を自分の懐に入れてしまう社長がいます。しかし、こういう自社を裏切るような経営者が破綻するのは時間の問題。

いつもまでもこのようなアメリカ式資本主義・市場経済主義に追随して踊らされていては、日本が発展するはずがありません。

アメリカ式に惑わされない、日本らしい社長しぐさのできる経営者が増えてほしいものです。
スポンサーサイト



2008.12.05(Fri)  良感な話COMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
コメント

 管理者にだけ表示を許可する
   
月別アーカイブ
ブログ内検索
カウンター
ネット便利リンク集
ネット通販サイト比較表


ビックカメラ.com

Top