良 感 探 訪!
FC2ブログ
2020.01 □  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 
プロフィール

ki4_zou

Author:ki4_zou
アタラシもの&車好きのテクニカル・ライター。「伝える」と「伝わる」、「わかった喜び」を考えながら、日々テクニカル・コミュニケーション&タイムドメインスピーカーを手にしたチューニング・製品開発に精進しています。

良感ってなに?
「良感」って聞いた事がない言葉ですよね。
それもそのはず、何しろ勝手に作らせていただいた言葉ですから。

きっかけは、イタリア語の"simpatico"(aは`付)という言葉。
伊日辞書では「いいかんじ」になるのですが、巷で使われている「イー・カ・ン・ジ」とは、ちょっとニュアンスが違います。イタリア人は、見た目の善し悪しだけでなく、内面的な好感や親しみをこめて使っています。そんな言葉と「イー・カ・ン・ジ」を区別して使いたいと思い、「良感」と表現した次第です。

このブログでは、そんな好感や親しみの持てる言葉/話/物/人を取り上げて、人々に本当に役立つ話題や、世の中が朗らかになる話題を書き留めています。昨今殺伐とした社会生活が、少しでも明るくなり、人々が仲良く共生できるようになればと願っています。
ブログランキング
にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器へ
耳より情報
自然な音で録れるエノキダケマイク「モバイルタイムドメインマイク Gufo F」


2017/4/18〜21にTOWER RECORD ONLINEでポイント12倍セール開催!!

三菱電機が反射型液晶パネルのプロジェクターを発売
1月6日~9日に米国ラスベガスで開催されている「2011 CES International」。

今年も、開発中から製品化済みまで新しい製品が続々と発表されています。

その中で、発売間近の注目製品の一つが三菱電機のプロジェクター「LVP-HC9000D/DW」です。

※ITmediaの記事はこちら

これまでDLP方式や透過型液晶方式を採用していた三菱電機のプロジェクターですが、「LVP-HC9000D/DW」は開口率に優れるLCOS方式のソニー製のSXRDパネルを採用した製品です。

透過型液晶パネルの供給元だったエプソンに続いて三菱電機もLCOS方式の採用に踏み切ったことで、ホームプロジェクター業界はLCOS方式に大きく流れていくようです。

さらに、オプションで3D映像にも対応しており、4倍速(240Hz)表示でクリアな3D映像を楽しめるとのことです。ただし、2D映像では2倍速(120Hz)表示となります。

LCOS方式は、開口率(光を反射する面積)が大きいことと、画素間が細いこと(画像がなめらか)が特長です。
RGBの3色を混色表示する3パネル方式のプロジェクターでは、理想的な表示装置と言えるでしょう。

LCOS方式はまだ高価ですが、採用する機種が増えて映像エンジンが安くなってくれば、手頃な価格のプロジェクターでも、フィルムのような滑らか映像が楽しめるようになるかもしれません。

実売20万円以下の機種にも普及してくれると、プロジェクター市場自体が大きくなると思うのですが。

市場拡大が先か、低価格化が先かというジレンマで普及が遅れていたプロジェクター業界の転機になるといいですね。


icon_TVset.jpg たったこれだけで、誰でも簡単にサラウンド!?
 5.1chでは難しく悩ましいバランス調整も、
 タイムドメインなら2chだけでベストバランスの臨場感が再現可能!!
 現場の空気感を伝える高解像音!タイムドメインスピーカーテレビセット」大好評販売中



《参加しているブログランキング》
にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器へ  TREview

【TREview】ならあなたも上位にランクイン!
スポンサーサイト



2011.01.09(Sun)  プロジェクターCOMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
コメント

 管理者にだけ表示を許可する
   
月別アーカイブ
ブログ内検索
カウンター
ネット便利リンク集
ネット通販サイト比較表


ビックカメラ.com

Top