良 感 探 訪!
FC2ブログ
2020.08 □  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 
プロフィール

ki4_zou

Author:ki4_zou
アタラシもの&車好きのテクニカル・ライター。「伝える」と「伝わる」、「わかった喜び」を考えながら、日々テクニカル・コミュニケーション&タイムドメインスピーカーを手にしたチューニング・製品開発に精進しています。

良感ってなに?
「良感」って聞いた事がない言葉ですよね。
それもそのはず、何しろ勝手に作らせていただいた言葉ですから。

きっかけは、イタリア語の"simpatico"(aは`付)という言葉。
伊日辞書では「いいかんじ」になるのですが、巷で使われている「イー・カ・ン・ジ」とは、ちょっとニュアンスが違います。イタリア人は、見た目の善し悪しだけでなく、内面的な好感や親しみをこめて使っています。そんな言葉と「イー・カ・ン・ジ」を区別して使いたいと思い、「良感」と表現した次第です。

このブログでは、そんな好感や親しみの持てる言葉/話/物/人を取り上げて、人々に本当に役立つ話題や、世の中が朗らかになる話題を書き留めています。昨今殺伐とした社会生活が、少しでも明るくなり、人々が仲良く共生できるようになればと願っています。
ブログランキング
にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器へ
耳より情報
自然な音で録れるエノキダケマイク「モバイルタイムドメインマイク Gufo F」


2017/4/18〜21にTOWER RECORD ONLINEでポイント12倍セール開催!!

大リコールもつけ回し?
海外での大リコールに揺れるトヨタに関して、危惧すべきニュースがありました。

今騒ぎになっているアクセルペダルの不具合は、部品の摩耗と結露などが重なると、アクセルペダルが戻りにくくなるというもの。

リコール台数は900万台を超えると言われています。
これは、トヨタが全世界で一年間に売る台数よりも多い台数。

非常に規模の大きいリコールであることは確かです。


ところが、そのリコール費用の一部を部品メーカーに請求するというニュースが入ってきました。

もし、部品メーカー側に重大な偽装などがあれば有り得る話です。
しかし、設計的な問題や製造上の問題に対して納入済の部品の補償まで負わされるとなったら、恐くてトヨタに部品を納入する業者はいなくなるのではないでしょうか?

例えば、全く同じアクセルペダルをA社とB社に納入したとして、A社の車はペダル付近で結露が起こらない設計がされていれば、全く問題ない部品を納入しているわけです。
B社の車はペダル付近の結露について配慮のない設計をしていたら、B社に納入した同じ部品が欠陥部品にされてしまうことになります。
その責を部品メーカーに負わせて損害賠償を要求するというのは、まさにモンスター会社以外のなにものでもありません。

今回はアメリカの部品メーカーですが、日本の部品メーカーも背筋が凍り付いていることと思います。


そもそも自動車部品の設計が決まるまでには、自動車会社が自社の車に合わせて独自のいろいろな性能テストや耐久テストを繰り返しているはず。
量産品に対しても一定割合で抜き取り検査を行い、定期的に性能を確かめているはずです。

それをクリアして納入した部品のリコール代も負わされるとなれば、メーカー取引間の信用崩壊/信用収縮を起こすきっかけになりかねません。

また、今リコール隠しに近い疑いを掛けられて大逆風のアメリカで、アメリカの部品メーカーにリコールのつけ回しをするというニュースが広まれば、自ら墓穴を深く掘るようなことだということもわかなないのでしょうか?

こんなこともわからず、誰も止めない取締役達を見るところ、イエスマンに囲まれた社長は実は孤立無縁で良い話しか聞かされていない大企業病も末期症状ということなのでしょう。

日本の恥をさらし、日本の産業界の足を引っ張る事態にならないことを、切に願うばかりです。

《参加しているブログランキング》
ブログランキング・にほんブログ村へTREview

【TREview】ならあなたも上位にランクイン!
スポンサーサイト



2010.02.02(Tue)  こもれびCOMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
コメント

 管理者にだけ表示を許可する
   
月別アーカイブ
ブログ内検索
カウンター
ネット便利リンク集
ネット通販サイト比較表


ビックカメラ.com

Top