良 感 探 訪!
FC2ブログ
2020.01 □  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 
プロフィール

ki4_zou

Author:ki4_zou
アタラシもの&車好きのテクニカル・ライター。「伝える」と「伝わる」、「わかった喜び」を考えながら、日々テクニカル・コミュニケーション&タイムドメインスピーカーを手にしたチューニング・製品開発に精進しています。

良感ってなに?
「良感」って聞いた事がない言葉ですよね。
それもそのはず、何しろ勝手に作らせていただいた言葉ですから。

きっかけは、イタリア語の"simpatico"(aは`付)という言葉。
伊日辞書では「いいかんじ」になるのですが、巷で使われている「イー・カ・ン・ジ」とは、ちょっとニュアンスが違います。イタリア人は、見た目の善し悪しだけでなく、内面的な好感や親しみをこめて使っています。そんな言葉と「イー・カ・ン・ジ」を区別して使いたいと思い、「良感」と表現した次第です。

このブログでは、そんな好感や親しみの持てる言葉/話/物/人を取り上げて、人々に本当に役立つ話題や、世の中が朗らかになる話題を書き留めています。昨今殺伐とした社会生活が、少しでも明るくなり、人々が仲良く共生できるようになればと願っています。
ブログランキング
にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器へ
耳より情報
自然な音で録れるエノキダケマイク「モバイルタイムドメインマイク Gufo F」


2017/4/18〜21にTOWER RECORD ONLINEでポイント12倍セール開催!!

インサイト レンタカー試乗記
先日レンタカーでインサイトを借り、北海道を500kmほど走りました。
そのインプレッションです。

photo200910_12.jpg
インサイトは、ニッポンレンタカーで借りました。
色はグレーメタリック。

子供と青がいいねと言っていましたが、残念ながら色までは選べません。

グレードを確認し忘れましたが、ナビはニッポンレンタカー仕様、リアワイパーも付かない189万円グレードと思います。


●乗り心地
大人3人子供二人の5人乗りで、チャイルドシート一脚付での乗車でした。
後席は子供&女性ならまず不便はなさそう。
ただし、後席の頭上空間は決して広いとは言えないので、子供をチャイルドシートに乗せるときは、子供の頭が天井にぶつからないように、注意が必要です。

さて、走り出してしばらくしたら、一つ問題が...。

後席中央の子供が座り心地が悪いとの苦情。

確かにセダンの後席は中央が盛り上がっていて、座ることを考えていない節があります。

しかし、それ以上にクッションが薄く硬いようで、大人と場所交代ということになっていまいました。

これは大きな誤算でした。

はやり子供を含むとはいえ、セダンに5人乗車で長距離は厳しかったみたいです。


●ハンドリング
レンタカーにインサイトを選んだ理由に、ハンドリングがありました。

実際長距離を走ると、期待通り。

それ程シャープ感はないのですが、ハンドルを動かした分だけ、スッと頭が向きを変えて行くので、ストレスない良好なハンドリング感覚でした。
市街地でも、山道のワインディングでも、谷合いの県道も狙った通りのラインをトレースできました。
一人乗り時は結構楽しめそうな車です。

ただ全般的にパワステがちょっと軽目な分、高速道でのハンドルの敏感さは少し気になりました。
60km/L以上でもう少しハンドルが重いと、よりリラックスして長距離を走れると思います。


●ハイブリッド性能
走り出した印象は、ハイブリッドゆえの癖は無く、CVTの変速や減速のくせが気になる程度。普段4AT車なので、多少気になりましたが、返す頃にはすっかり慣れて、違和感無しでした。

モーターのメーターを見ながら運転していましたが、加速時にトルクが盛り上がるように、モーターでアシストしている感じですね。
モーターの違和感は皆無で、CVTということもあり、エンジン回転も気にせず、若干の力強さを感じながらスムーズに走れました。

●燃費
流れている一般道では、メーターの平均燃費表示が23.5km/L前後と、今までの自分のスケールを完全に振り切っている値で推移しています。

さらに、瞬間燃費計のバーグラフが見やすいこと。

以前、オデッセイやレガシィの瞬間燃費計を見ながら運転したことがありましたが、運転中の一瞬のチラ見では状態が把握できず、危険を感じて把握できるまで見る気にはなりませんでした。

インサイトの瞬間燃費表示は、どってことないバーグラフなのですが、中央の25km/Lがわかりやすく、直感的に状態を把握できる良好なものでした。

ついつい25km/L以上を目指して、ぎりぎりまでアクセルを緩めようとしてしまいます。


しかしながら、旅程に距離があるのでのんびりも走っていらません。

ペースを上げると、23km/L台だった燃費が徐々に下がり始めるではないですか。

高速道路で燃費が落ちて行くのは、運転歴20年以上、延べ20万km以上走ってきて、初めての経験でした。
確かにスピードを上げれば、燃料を余計に食う訳で、燃費が悪くなることを実感しました。

というよりは、いかにインサイトが市街地やゴーストップの多い街中で燃費が良いかということかと思います。

トータルでは、約540km走って給油は25Lの21.6km/L。
帰り道の時間がタイトで山道&高速をハイペースで走ったため、最後でかなり落ちてしまいました。
メーターでは大半の時間が22~23km/L台でしたので、時間さえ余裕があれば、もう少し良い結果が出せたと思います。
それにしても、500km走って25Lとは、ハイブリッド車の威力は凄いですね。


●気になった点
全般的に良好な印象のインサイトでしたが、気になった点を挙げておきます。

まずは後方視界。
photo200910_13.jpg
平な道なら上下の窓に見えるものがつながりそれほど問題ないと思います。

しかし、ちょっとしたアップダウンで、ルームミラーに「目隠し問題」が出題されます。

こういうことで頭を使いながら運転するのは、注意力散漫や疲れを呼び、よろしくない!

視界のバーが上か下にどちらかに寄っていて欲しいと思いました。

これは、新型プリウスも全く同じ問題点になると思いますので、次に出るハイブリッド対抗車はこの点をブレークスルーすることが必要でしょう。

ということは、よりステーションワゴンスタイルにするか、セダンスタイルにするか、それともハッチガラスの角をラウンド形状にするか。

プリウススタイルがハイブリッド車だなんて、マスコミの素人報道を覆すような説得力のあるスタイル&低燃費が求められるのではないでしょうか。


もう一つ気になったのが、インパネです。
インパネ上部にデジタルメーター、ハンドル内側にタコメーターや燃費表示があるわけですが、これが両方見えるようにするには、ハンドルのチルト調整をピンポイントに合わせる必要がありました。

それは、決して操作しやすい高さではなく、ハンドルの上下にメーターが来ることのリスクを感じた次第です。

そして、ついついメーターの目新しさに気を取られがちですが、インパネで最大の問題点は、インパネ上部(ダッシュボード上)の波線デザイン。

晴れた日に南方向を向いて走ると、フロントスクリーンに豪快に映り込んできて、見にくいのなんの。

新型プリウスと違ってAピラー回りの視界はとても良いだけに、是非この視界の盲点は改善していただきたいと思いました。


あと、これは問題点という程ではないですが、大きな容量のトランクルームに荷物を入れると、ショーケースのように荷物が丸見えなのが気になりました。

これは、オプションのトノカバーを装着すれ済むことなので、インサイトの購入をお考えの方は、是非このオプションも検討することをお進めします。


実際にハイブリッド車に乗った感想としては、市街地の燃費向上には、とても有効なものと思いました。そのアイドルストップとモーターアシストは実燃費を大きく向上させているようです。

先日一部マスコミで報道された「マイクロHV」だけでも実燃費には効果があるのではないでしょうか。
もし後付けできる程簡易な物が出来上がったら、是非うちのRGステップワゴンにも付けたいものです。


↓同じテーマの人気サイトランキングはこちら↓
にほんブログ村 車ブログ ホンダ(車)へ TREview

【TREview】ならあなたも上位にランクイン!

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い
スポンサーサイト



2009.10.18(Sun)  HONDACOMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
コメント

 管理者にだけ表示を許可する
   
月別アーカイブ
ブログ内検索
カウンター
ネット便利リンク集
ネット通販サイト比較表


ビックカメラ.com

Top