良 感 探 訪!
FC2ブログ
2020.01 □  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 
プロフィール

ki4_zou

Author:ki4_zou
アタラシもの&車好きのテクニカル・ライター。「伝える」と「伝わる」、「わかった喜び」を考えながら、日々テクニカル・コミュニケーション&タイムドメインスピーカーを手にしたチューニング・製品開発に精進しています。

良感ってなに?
「良感」って聞いた事がない言葉ですよね。
それもそのはず、何しろ勝手に作らせていただいた言葉ですから。

きっかけは、イタリア語の"simpatico"(aは`付)という言葉。
伊日辞書では「いいかんじ」になるのですが、巷で使われている「イー・カ・ン・ジ」とは、ちょっとニュアンスが違います。イタリア人は、見た目の善し悪しだけでなく、内面的な好感や親しみをこめて使っています。そんな言葉と「イー・カ・ン・ジ」を区別して使いたいと思い、「良感」と表現した次第です。

このブログでは、そんな好感や親しみの持てる言葉/話/物/人を取り上げて、人々に本当に役立つ話題や、世の中が朗らかになる話題を書き留めています。昨今殺伐とした社会生活が、少しでも明るくなり、人々が仲良く共生できるようになればと願っています。
ブログランキング
にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器へ
耳より情報
自然な音で録れるエノキダケマイク「モバイルタイムドメインマイク Gufo F」


2017/4/18〜21にTOWER RECORD ONLINEでポイント12倍セール開催!!

カタログ研究室プロジェクター比較表を更新(2009/10/13)
カタログ研究室の「プロジェクター基本性能比較表」ページに、10月上旬までに発表された2009年新モデルを追加しました。

追加した製品は、ビクターのDLA-HD950、DLA-HD550と、三菱電機のLVP-HC6800、LVP-HC3800を追加しています。

ホームプロジェクターとしては、約1年ぶりの新製品となります。
昨年もCEATEC開催前後に多数の製品が発売されましたが、今年はだいぶ寂しい数です。

Yahoo Shopping: ビクター DLA-HD750


DLA-HD950/DLA-HD550は、DLA-HD750/DLA-HD350の後継機種です。

DLAシリーズというと、反射型液晶パネルを使った滑らか映像が魅力です。

新型の主な違いは、「逆2-3プルダウン機能」。

ブルーレイなど映画フィルムの秒24コマのソースをテレビ信号に変換するために、2-3プルダウン変換を行いますが、「逆2-3プルダウン機能」は、通常のテレビ信号を秒24コマ信号に変換して、映画ソースのように再生する機能です。この機能で、テレビ映像ソースにどのような恩恵があるのかは見てみないとわかりません。

いずれにしろ、今回の新製品はマイナーチェンジといったところでしょう。

そうなると、型落ちのDLA-HD750/DLA-HD350は値段次第では狙い目かもしれません。


Yahoo Shopping: 三菱 プロジェクター LVP-HC6800


三菱電機のLVP-HC6800は、LVP-HC7000の下位機種になります。

その違いは、明るさ。

1300ルーメンという明るさは、明かりを点けた部屋でも視聴できるもので、より手軽にプロジェクターが楽しめるようになります。
値段も20万円代前半と、フルHDプロジェクターとしては安価です。

ただし、動作音はLVP-HC7000の17dBに対して、LVP-HD6800は20dBとなっていますので、じっくり映画を楽しみたい人は、部屋を暗くしてLVP-HC7000の方がよいかもしれません。

三菱電機のLVP-HC3800は、DMD方式という、マイクロミラー素子を使ったプロジェクターです。反射型液晶と同様に開口率が良く、鏡ですから明るい画像になるのが魅力です。しかし、色を交互に投射して映像を作るため、色ずれやチラツキの点では3枚使った反射型液晶に一歩譲ります。

CEATEC 2009でも展示されていましたが、その魅力は、フルHDで10万円代半ばという価格とコンパクトなところ。
このサイズなら、見たいときに気軽に置いて使えるでしょう。

ただ、光学シフトが付いていないのが残念ですね。

光学シフトが無いと、一番いい席にプロジェクター本体が座ってしまいます。
光の通り道や動作音が耳の近くにきてしまうのも、実質的な騒音を大きくしてしまいます。

かと言って、デジタル台形補正機能は画素がつぶれていきますので、大きな補正をかけると、フルHDである意味が無くなって行きます。

予算が許せは、できるだけ光学シフト付をおすすめしています。


プロジェクターの大画面で映画を見ると、50~60型の大画面液晶テレビやプラズマテレビさえ、半端なサイズと思えてきます。
映像の中に入り込む感じは、やはりスクリーンが勝ります。

早くプロジェクターの光源がLED化されないものですかね。
光源の熱と冷却の問題が解決されれば、より小さく低騒音のプロジェクターで気軽に大画面が楽しめるようになり、ホームプロジェクターがより広く普及すれば、価格も下がってくるのではないでしょうか。

↓同じテーマの人気ブログはこちら↓
にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器へ  TREview

【TREview】ならあなたも上位にランクイン!
スポンサーサイト



2009.10.13(Tue)  プロジェクターCOMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
コメント

 管理者にだけ表示を許可する
   
月別アーカイブ
ブログ内検索
カウンター
ネット便利リンク集
ネット通販サイト比較表


ビックカメラ.com

Top