良 感 探 訪!
FC2ブログ
2020.08 □  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 
プロフィール

ki4_zou

Author:ki4_zou
アタラシもの&車好きのテクニカル・ライター。「伝える」と「伝わる」、「わかった喜び」を考えながら、日々テクニカル・コミュニケーション&タイムドメインスピーカーを手にしたチューニング・製品開発に精進しています。

良感ってなに?
「良感」って聞いた事がない言葉ですよね。
それもそのはず、何しろ勝手に作らせていただいた言葉ですから。

きっかけは、イタリア語の"simpatico"(aは`付)という言葉。
伊日辞書では「いいかんじ」になるのですが、巷で使われている「イー・カ・ン・ジ」とは、ちょっとニュアンスが違います。イタリア人は、見た目の善し悪しだけでなく、内面的な好感や親しみをこめて使っています。そんな言葉と「イー・カ・ン・ジ」を区別して使いたいと思い、「良感」と表現した次第です。

このブログでは、そんな好感や親しみの持てる言葉/話/物/人を取り上げて、人々に本当に役立つ話題や、世の中が朗らかになる話題を書き留めています。昨今殺伐とした社会生活が、少しでも明るくなり、人々が仲良く共生できるようになればと願っています。
ブログランキング
にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器へ
耳より情報
自然な音で録れるエノキダケマイク「モバイルタイムドメインマイク Gufo F」


2017/4/18〜21にTOWER RECORD ONLINEでポイント12倍セール開催!!

東芝 REGZAから2009年秋モデルが発表
東芝からREGZAの2009年秋モデル「9000シリーズ」の発表がありました。


東芝REGZA 2009年秋モデル ニュースリリース


LEDバックライトモデルの55ZX9000、46ZX9000
ネットワークモデルの55Z9000、47Z9000、42Z9000、37Z9000
ハードディスク内蔵モデルの42H9000、37H9000、32H9000
外付けハードディスク対応モデルの52R9000、46R9000、40R9000、32R9000、26R9000、22R9000、19R9000
低価格モデルの40A9000、32A9000、26A9000

東芝さん、力は入ってますね。


この中で、“良感さがし”的な注目機種は、なんと言っても「32R9000」。

今回の目玉は、超解像技術が下位機種にも採用されたことです。
R9000シリーズは従来のC8000シリーズの後継となる位置づけですが、全機種に超解像技術「レゾリューション・プラス2」と外付けハードディスク録画対応が採用されています。
おいしい技術がやっと降りてきました。

そして、52R9000、46R9000、40R9000、32R9000は倍速表示(毎秒120コマ)にも対応していますので、「32R9000」は価格の割に内容充実のイチオシ製品になると思います。

これで、フルハイビジョンなら完璧なんですがね...。
(低価格路線と相容れませんけどね....。)

また、26V、22V、19Vにも超解像技術が入ったことで、32V型でも大き過ぎると小型で高画質を待ち望んでいた人には、待望の製品と言えるでしょう。

この超解像技術はR9000シリーズの他、500GBハードディスク内蔵のH9000シリーズにも採用されています。

ちなみに、上位のZ9000とZX9000はさらに進化した「レゾリューション・プラス3」にバ-ジョンアップしているそうです。


もう一つの目玉は、低価格のA9000シリーズ以外はすべてUSB外付けハードディスク録画対応となったこと。

テレビ番組を自分の時間に合わせるタイムシフト的な使い方は、実際使うと想像以上に便利なものです。
初期モデル「LH100シリーズ」から注目していました。実家で購入した「26LH100」はまだまだ活躍中です。(最初は26V型モデルがあったんですよ。「26LH100」はレアものでした。)

最大4台までの外付けハードディスクを同時に接続して、容量を増やしたり、それぞれを家族で使い分けることができたりと、他社に先んじて録画テレビを推奨していたREGZAは更に一歩先を行っています。

東芝製品が良感なところは、この外付けハードディスクを純正で縛らないところ。

今回から純正オプションも発表されましたが、パソコン用の周辺機器メーカー製ハードディスクを接続できるので、容量や価格をユーザーが自由に選べます。

ただし、ネットワーク接続のLANハードディスクに対応しているのはZ9000、ZX9000のみとなりますので、一番小さいサイズでも「37Z9000」からとなります。

今回も「32Z9000」が実現しなかったのは残念ですが、26V型~19V型でも超解像技術の恩恵を享受できるようになったことは、素直に拍手を送りたいと思います。

↓同じテーマの人気ブログはこちら↓
にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器へ  TREview

【TREview】ならあなたも上位にランクイン!
スポンサーサイト



2009.09.18(Fri)  液晶テレビCOMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
コメント

 管理者にだけ表示を許可する
   
月別アーカイブ
ブログ内検索
カウンター
ネット便利リンク集
ネット通販サイト比較表


ビックカメラ.com

Top