良 感 探 訪!
fc2ブログ
2024.05 □  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 
プロフィール

ki4_zou

Author:ki4_zou
アタラシもの&車好きのテクニカル・ライター。「伝える」と「伝わる」、「わかった喜び」を考えながら、日々テクニカル・コミュニケーション&タイムドメインスピーカーを手にしたチューニング・製品開発に精進しています。

良感ってなに?
「良感」って聞いた事がない言葉ですよね。
それもそのはず、何しろ勝手に作らせていただいた言葉ですから。

きっかけは、イタリア語の"simpatico"(aは`付)という言葉。
伊日辞書では「いいかんじ」になるのですが、巷で使われている「イー・カ・ン・ジ」とは、ちょっとニュアンスが違います。イタリア人は、見た目の善し悪しだけでなく、内面的な好感や親しみをこめて使っています。そんな言葉と「イー・カ・ン・ジ」を区別して使いたいと思い、「良感」と表現した次第です。

このブログでは、そんな好感や親しみの持てる言葉/話/物/人を取り上げて、人々に本当に役立つ話題や、世の中が朗らかになる話題を書き留めています。昨今殺伐とした社会生活が、少しでも明るくなり、人々が仲良く共生できるようになればと願っています。


※ブログページ内および記事中の商品名・写真には、広告バナーおよびアフィリエイトリンクを含んでいます。
ブログランキング
にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器へ
耳より情報
自然な音で録れるエノキダケマイク「モバイルタイムドメインマイク Gufo F」

一番お得なふるさと納税!










“タイムドメイン理論”をやさしく解説(3) 「タイムドメイン理論の実践2ー邪魔をさせない」
タイムドメイン理論”をやさしく解説


タイムドメインスピーカーの開発者由井啓之氏がまとめ上げた「タイムドメイン理論」。
正確な解説はタイムドメイン社のページを見ていただければと思います。

しかしながら、ちょっと難しい!

かと言って、その他のページでは、半端な解釈、勝手な思い込みで「タイムドメイン」について批評しているブログページもちらほら見受けられます。

そこで、ここではタイムドメイン理論の要旨(http://www.timedomain.co.jp/tech/theory/td_theoryA4.pdf)をなるべく専門用語を使わずにやさしく解説してみました。


(3) 「タイムドメイン理論の実践2ー邪魔をさせない」

タイムドメイン理論から導かれる理想のスピーカーは、

「元の入力信号」をそのまま「何も足さない、何も引かない」に再生する。

それを実現するには、音を崩す原因をひたすら排除することが必要です。

スピーカーのコーン紙を正確に動かすことが何も引かないの前提ですが、スピーカーユニット自体が自ら前後の動きを作る機能故に、邪魔をする原因も同時にいっぱい作ってしまいます。

それでは、影響の大きな邪魔の原因からタイムドメインの純度を上げていくポイントを挙げていきましょう。


●コーン紙のベースを固める

スピーカーはコイルに流れる信号に応じて永久磁石と反発することで、コーン紙を動かします。

TD03_01.jpg

スピーカーの前面から出る音は正確な音が鳴ります。

でも、もしスピーカーのフレーム側(磁石側)自体が揺れてしまったら、コーン紙にはその振動が足されてしまい、正確な音になりません。

TD03_02.jpg


現実世界では、スピーカー再生時に「作用反作用」という力が働きます。
TD03_03.jpg

コーン紙が前に動くと同時にフレーム側も後ろに動く力が働いているのです。

もしスピーカーユニットを宙に釣って音を鳴らしたら、コーン紙とフレーム側が両側に動くことになります。

どれぐらい動くかは、コーン紙とフレーム側の重量比で決まります。

コーン紙とフレーム側の重量比が1:1ならば、両側に同じ距離だけ動こうとします。
コーン紙とフレーム側の重量比が1:10ならば、コーン紙側10に対してフレーム側が1の比率で動こうとします。


一般的な箱スピーカーでは、スピーカーのフレームが箱に固定されているので、「フレームが動こうとする=箱が振動する」ということになります。

TD03_04.jpg

問題はフレーム側が動いたとき、その上で相対的に動いているコーン紙には信号と違う動きが足されてしまうということです。

動きが足されたコーン紙が押す空気は、元の信号とは別の音を再生してしまうことになります。


これを回避する工夫として、タイムドメイン Yoshii9では「仮想グランド」という構造になっています。

スピーカーのフレーム部分を空中に浮かせて「静止状態を作ろう」と言うものです。

TD03_06.jpg

まず作用反作用を抑えるために、Yoshii9ではフレーム側に1kgのオモリを取り付け、スピーカーのフレーム側の重さと合わせて1.4kg=1400gの重さにしています。

その上で動くコーン紙は1.4gという特別軽いもの。

コーン紙とフレーム側の重量比が1:1000になり、フレーム側がほぼ静止している理想に近い状態を作っています。

このスピーカーユニットを剛性の高いアルミパイプ筐体の上にゲルを介して乗せることで、アルミパイプ筐体からの影響を受けずに空中に静止しているフレームを実現しています。

静止したフレーム上でコーン紙が動けば、正確な再生音が鳴るというわけです。


● 背面の音を使わない

スピーカーはコイルに流れる信号に応じて永久磁石と反発することで、コーン紙を動かします。

TD03_07.jpg

コーン紙は前側に動くことで空気を押して音を出しています。

そのコーン紙が戻るとき、背面側の空気も押していることになり、背面側にも同じ量の音が出ていることになります。

ただし、背面側の音は、前面側より常に少し遅れた音になります。

もちろん、元の信号にわずかに遅れた音は入っていないので、「背面の音=聴かせたくない音」ということになります。


一般的な箱スピーカーでは、せっかく背面の音が出ているのだから、「箱で共鳴させて低音を増やそう」とか、「いい音色を加えよう」としています。
TD03_09.jpg

ただ、箱の中で何往復もした音は、「その距離分時間的に遅れた音」となるので、盛大なエコーを加えていることになります。

また箱の中で共鳴した音は、薄いスピーカーのコーン紙部分を通過して前面にも出てくる音もあるので、より前面の音を濁らせます。

さらに箱の中で共鳴させることで、箱自体が複雑に振動するので、そこに取り付けてあるスピーカーユニットの音は余計に前面の音が濁る原因になっています。

濁った前面の音+遅れた箱の音は、「何も足さない、何も引かない」とは真逆の手法ということになります。


タイムドメイン Yoshii9では、背面に出た音が極力反射して戻ってこないよう、筒状の筐体になっています。
TD03_06.jpg

剛性の高い筒形状+音の方向と平行する壁で、筒自体がほとんど振動しないという利点もあります。

筒の内部も吸音材が貼られていて、通過する背面の音を弱めつつ、下の穴から逃がすことで、スピーカーのコーン紙に戻ってこない工夫がされています。

類似した筒型スピーカーの中には、筒の中を響かせて低音を増強するものも存在しますが、これはタイムドメインとは真逆の考えであり、似て非なるものです。


このように「何も足さない、何も引かない」の理想と、スピーカーが床に立っているという現実の間にはさまざまな劣化の原因があり、実際に起きている物理現象に対して構造を考えたり、回避する対策をすることで、タイムドメイン理論の理想に近づけているというわけです。

“タイムドメイン理論”をやさしく解説(1) 「タイムドメイン理論とは」

“タイムドメイン理論”をやさしく解説(2) 「タイムドメイン理論の実践1ー正確に動かす」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
わずか8cmのウーファーで6Hzまでの低い音まで再生する
TDウーファーがあれば、バスドラやシンセのビートも、
古楽器の音色も、映画の迫力シーンも、一気に改善!

Yoshii9をはじめとした各種タイムドメインスピーカーを
アップグレードして音楽も映画も上質な音で豊かな人生に!

実際どんな音なのか?
試聴は「タイムドメインスピーカー雑司が谷試聴室
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
↓同じテーマの人気ブログはこちら↓
にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器へ
スポンサーサイト



2023.09.18(Mon)  タイムドメインCOMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
コメント

 管理者にだけ表示を許可する
   
月別アーカイブ
ブログ内検索
カウンター
ネット便利リンク集
ネット通販サイト比較表





エディオン -公式通販サイト-

Kojima.net(コジマネット)【PC・携帯共通】

ビックカメラ.com

Top