良 感 探 訪!
FC2ブログ
2018.11 □  123456789101112131415161718192021222324252627282930 
プロフィール

ki4_zou

Author:ki4_zou
アタラシもの&車好きのテクニカル・ライター。「伝える」と「伝わる」、「わかった喜び」を考えながら、日々テクニカル・コミュニケーション&タイムドメインスピーカーを手にしたチューニング・製品開発に精進しています。

良感ってなに?
「良感」って聞いた事がない言葉ですよね。
それもそのはず、何しろ勝手に作らせていただいた言葉ですから。

きっかけは、イタリア語の"simpatico"(aは`付)という言葉。
伊日辞書では「いいかんじ」になるのですが、巷で使われている「イー・カ・ン・ジ」とは、ちょっとニュアンスが違います。イタリア人は、見た目の善し悪しだけでなく、内面的な好感や親しみをこめて使っています。そんな言葉と「イー・カ・ン・ジ」を区別して使いたいと思い、「良感」と表現した次第です。

このブログでは、そんな好感や親しみの持てる言葉/話/物/人を取り上げて、人々に本当に役立つ話題や、世の中が朗らかになる話題を書き留めています。昨今殺伐とした社会生活が、少しでも明るくなり、人々が仲良く共生できるようになればと願っています。
ブログランキング
にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器へ
耳より情報
自然な音で録れるエノキダケマイク「モバイルタイムドメインマイク Gufo F」


2017/4/18〜21にTOWER RECORD ONLINEでポイント12倍セール開催!!
インド音楽のライブでmidTower toccante初PA!!
201609-01live_01.jpg
2016年9月22日に東京・大塚のマスミ東京・スペースMUROで開催されたディプトニル・バッタチャルジー来日ツアー2016に、Kappa InfinitoのナチュラルPAとして参加しました。





ディプトニル・バッタチャルジーさんは、インド楽器サロードの奏者で、伝説の音楽家・故ウスタッド・アリ・アクバル・カーンに最年少で弟子入りを許されたという経歴を持った方です。

今回の来日直前に亡くなれた恩師ヴィドゥーシ・アミナ・ペレラさんに捧げる追悼公演となりました。

201609−01live_02Kappa Infinitoチューンモデル“midTower toccante”を発売して初めてのライブ参加でした。

今回は、midTower toccanteとタブラ奏者指原一登さんにご協力いただいてるプロトタイプのダブルmidTower構成です。

いずれも大理石製インシュレーターに乗っていますが、スピーカー本体のチューニングが多少違います。

プロトタイプは、タブラの色気や量感重視の仕様で、これまで試して煮詰めてきた通りの音が鳴っていました。

一方midTower toccanteは、全音域でよりクリアな音になり、極低音の音圧が感じられるのが特徴です。アンプがYoshii9用のYA-1だったこともあり、両者は結構違う音となっていました。

両仕様の聴き比べも兼ねてダブル体制としましたが、じっくり検証する余裕はなくて、両方鳴らすこととなりました。


201609−live01_03慌ただしく準備が終わり、開場時間となりました。

雨の中でしたが、続々とお客様が到着し、客席が埋まっていきました。

あとは、開演を待つばかり。




インド楽器のサロードは25弦の弦楽器で、インド楽器のシタールと同じく共鳴弦(弾かない弦)を持つ楽器です。

シタールとの違いは、山羊革が貼ってあること。

そのため、シタールよりも琵琶や三線に似た音色で、日本では親しみやすい音色に感じました。

また、シタールでは1弦しか弾きませんが、サロードでは4弦を弾くとのことで、和音の音色もギターや琵琶に近いものがあります。

201609−01live_04ディプトニル・バッタチャルジーさんと指原一登さんの演奏が始まると、インド音楽の世界に一気に引き込まれていきます。

サロードの和音が、より物語の色や奥行きを感じさせ、それを支えるタブラの音色が相舞って、曲の世界に魅了される2時間となりました。




さて、もう一つのKappa Infinitoオリジナル製品”モバイルタイムドメインマイク GUFO F”で、DSD128(5.6MHz/1bit)録音にも挑戦してきました。

201609−01live_05DSD64(2.8MHz)まででしたら、手頃なICレコーダーが存在するのですが、DSD128(5.6MHz)以上となると、本格的なプロ用機材しかないのが現状です。

しかしながら、どうせDSD録音するなら5.6MHzの方が断然情報量が豊富です。

そこで、DSD5.6MHzのA/D変換に対応したKorg DS-DAC10-RとMacBook Pro&AudioGate Ver.4を組み合わせて、にわかDSD128レコーダーとして使っています。
またプラグインパワーを供給するため、古いビデオカムを中継しての収録です。
この辺はなんとかしたいのですが、バッテリー駆動の有効性もあり、代替えがなかなか見つかりません。

今回もその古いビデオカムがネックで、一部録音が切れてしまいましたが、全体としては音割れもなく、細かいところまで録れていました。

今後検証して、次に生かしていきたいと思います。



さて、今回ナチュラルPAとして使用した“midTower toccante”については、Kappa Infinitoサイトをご覧ください。

また、“midTower toccante”を購入ご希望の方は、こちらのページからどうぞ!

”モバイルタイムドメインマイクGufo F”を購入ご希望の方は、こちらのページから!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
たった2本のスピーカーで、立体的な音を再現できるタイムドメイン!
それは実際どんな音なのか?
タイムドメインスピーカー&チューニングモデルの試聴室!
タイムドメインスピーカー雑司が谷試聴室
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


↓同じテーマの人気ブログはこちら↓
にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器へ
スポンサーサイト
コメント

 管理者にだけ表示を許可する
   
月別アーカイブ
ブログ内検索
カウンター
ネット便利リンク集
ネット通販サイト比較表


ビックカメラ.com

Top