良 感 探 訪!
fc2ブログ
2021.11 □  123456789101112131415161718192021222324252627282930 
プロフィール

ki4_zou

Author:ki4_zou
アタラシもの&車好きのテクニカル・ライター。「伝える」と「伝わる」、「わかった喜び」を考えながら、日々テクニカル・コミュニケーション&タイムドメインスピーカーを手にしたチューニング・製品開発に精進しています。

良感ってなに?
「良感」って聞いた事がない言葉ですよね。
それもそのはず、何しろ勝手に作らせていただいた言葉ですから。

きっかけは、イタリア語の"simpatico"(aは`付)という言葉。
伊日辞書では「いいかんじ」になるのですが、巷で使われている「イー・カ・ン・ジ」とは、ちょっとニュアンスが違います。イタリア人は、見た目の善し悪しだけでなく、内面的な好感や親しみをこめて使っています。そんな言葉と「イー・カ・ン・ジ」を区別して使いたいと思い、「良感」と表現した次第です。

このブログでは、そんな好感や親しみの持てる言葉/話/物/人を取り上げて、人々に本当に役立つ話題や、世の中が朗らかになる話題を書き留めています。昨今殺伐とした社会生活が、少しでも明るくなり、人々が仲良く共生できるようになればと願っています。
ブログランキング
にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器へ
耳より情報
自然な音で録れるエノキダケマイク「モバイルタイムドメインマイク Gufo F」




タイムドメインウーファーの試作と研究〜その1

タイムドメイン社由井啓之氏がONKYOで初めて開発したスピーカー"SL-1"
20211003TD_13.jpg

約50年前はもちろん、今でも画期的な共振を使わないスーパーウーファーで、20cmのスピーカーユニットで38cmのパッシブラジエーターを駆動するというものでした。

ただし、1978年に発売されたこのモデル、現存するものはリペアが必要なものばかり。

そして、これに続く製品が無いのが現状です。



hint.png
そこで、由井氏がFaceBookに投稿したヒントを元に、パッシブラジエーターではなく、スロット(穴)を使ったスーパーウーファーを試作してみました。

このヒントに関する追加資料がこちら。

「Complete Guide “High-End Audio” second Edition」1998年刊 より引用
bandpasswoofer.png

スピーカーユニットのバックキャビティが密閉式なのは同じですが、フロントトキャビティは細いスロット(穴)が開いていて、開口部から低音だけが通り抜けられるローパスフィルターとなっています。
また、フロントキャビティには吸音材を貼るような図となっています。



20211101_SW08.jpg そして、出来た試作機がこちら。

スピーカーユニットは、筒の途中にあり、下側がバックキャビティ、上側がフロントキャビティとなり、ボルトで無段階に位置(容積)を調整できるようにしました。
20211101_SW09.jpg



この試作機に50Hz〜2Hzまでのテスト信号を入れて、一番低い音が判別できる位置にスピーカー位置を調整してあります。

通常のサブウーファーもSL-1もはスピーカーが1台ですが、タイムドメインウーファー試作機は2本のスピーカーで鳴らします。

色を塗って仕上げたのがこちら。

20211101_SW10.jpg
因みに、1本あたりの重さは。。。
20211101_SW11.jpg

980gと約1Kgで仕上がりました。

因みにSL-1はカタログ値で39.8kgと、かなりのヘビー級ですから、試作機はだいぶ扱い易いものとなります。


さてさてその音は、、、

テスト信号を入力すると、信号の通りにユニットが上下に往復しています。

20Hzなら毎秒20回、4Hzなら毎秒4回正確に往復しているのが、目視で確認できます。

そして、音としては、20Hzでも音が鳴りました。

それ以下は音と言えないような音ですが、さらに12Hzくらいまでは信号の鳴り出しと途切れる瞬間が識別可能でした。

実際に、パイプオルガンの音源を鳴らすと。



midTowerトカンテで聴こえてくるようなクリアで速い低音が、さらに低く大きく聴こえてくる感じ。

そして、由井啓之氏がおっしゃるように、全帯域に対して音の質感や奥行き感が豊かになった感じです。

これは、TIMEDOMAIN lightSHIROKUMA myPod8だけでなく、セラミック華Yoshii9と同時鳴らしでも音域が広がって効果絶大です。


しかしながら、本家SL-1の音と同じなのか?違うのか?

そこで、SL-1が聴ける「全窯 中津川試聴室」を訪問し、実際に音の聴き比べを行ってきました。(試聴の詳細はこちら

本物のSL-1と聴き比べて結果としては、SL-1とスロット式試作機は少し違う音でした。

80Hz〜20Hzという極低音を共振させないクリアな音で鳴らす点では、両者共通の印象です。

しかし、20Hz以下は全く出ていないSL-1に対して、スロット式試作機は、12Hzくらいまで何か鳴っているのがわかるというのが違いです。

また、SL-1は試聴室のベストなリスニングポジションに対して、SL-1を最適な位置に置いて初めて実力を発揮します。

中津川試聴室では、メインスピーカーから約6m離れたベストポジションにリスニングチェアが配置されていて、その真横約1mのところにSL-1が配置されていました。

スロット式試作機は、左右のメインスピーカーの脇に配置することで、メインのタイムドメインスピーカーと同様に、極低音もスピーカーの間の奥側に音像空間が展開されるので、部屋のどこへ移動しても聴こえ方はあまり変わりません。

タイムドメインスピーカーとは、スロット式試作機の方がさらに相性が良くなる方向と思いました。



この違いはどこから来るのか??



そこで、スロット式試作機とSL-1、一般的なサブウーファーの構造や特徴を整理してみました。

20211101_SW12.jpg

スロット式ウーファーは、SL-1とはちょっと違っていましたが、タイムドメイン(時間軸)的にはより理想に近いウーファーになっているので、今後も時間遅れの無いスロット式サブウーファー=「タイムドメインウーファー」として、改良を続けていきたいと思います。

この試作機「タイムドメインウーファー」を聴いてみたい方は、タイムドメインスピーカー雑司が谷試聴室から試聴をお問い合わせください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
会場の高さ、広さを再現するタイムドメインスピーカーは
ライブ配信やライブ・ビューイングに最適!
自宅の音楽再生環境をグレードアップして、音楽も映画も
愉しむ生活に!
実際どんな音なのか試聴できる「タイムドメインスピーカー雑司が谷試聴室

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
↓同じテーマの人気ブログはこちら↓
にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器へ
スポンサーサイト



月別アーカイブ
ブログ内検索
カウンター
ネット便利リンク集
ネット通販サイト比較表




ビックカメラ.com

Top