良 感 探 訪!
FC2ブログ
2015.07 □  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 
プロフィール

ki4_zou

Author:ki4_zou
アタラシもの&車好きのテクニカル・ライター。「伝える」と「伝わる」、「わかった喜び」を考えながら、日々テクニカル・コミュニケーション&タイムドメインスピーカーを手にしたチューニング・製品開発に精進しています。

良感ってなに?
「良感」って聞いた事がない言葉ですよね。
それもそのはず、何しろ勝手に作らせていただいた言葉ですから。

きっかけは、イタリア語の"simpatico"(aは`付)という言葉。
伊日辞書では「いいかんじ」になるのですが、巷で使われている「イー・カ・ン・ジ」とは、ちょっとニュアンスが違います。イタリア人は、見た目の善し悪しだけでなく、内面的な好感や親しみをこめて使っています。そんな言葉と「イー・カ・ン・ジ」を区別して使いたいと思い、「良感」と表現した次第です。

このブログでは、そんな好感や親しみの持てる言葉/話/物/人を取り上げて、人々に本当に役立つ話題や、世の中が朗らかになる話題を書き留めています。昨今殺伐とした社会生活が、少しでも明るくなり、人々が仲良く共生できるようになればと願っています。
ブログランキング
にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器へ
耳より情報
自然な音で録れるエノキダケマイク「モバイルタイムドメインマイク Gufo F」


2017/4/18〜21にTOWER RECORD ONLINEでポイント12倍セール開催!!

RPステップワゴンの試乗インプレッション
5代目となるRPステップワゴンが発売されて、2ヵ月半。

今回、じっくりと都内を試乗する機会を得ましたので、RG乗りとしての試乗インプレッションをまとめてみます。
RG乗りの主観ですから、その分割り引いてご覧ください。

さて、今回のディラー試乗車はSTEPWGN G・EX。

スパーダではなく、ノーマル顔です。

広告やカタログを見る限りは、下あごが半端で安っぽいイメージでしたが...。

201507_01stepwgnLampRP-01.jpg

あれっ!

実車を正面から見ると、意外と整った顔立ち!

つるんとした下あごのイメージはなく、末広がりの安定感があって、結構良いではないですか!

最初スパーダかと思っていましたので、ふと5ナンバーに気がつき、

そして、違和感の無いことに気がつきました。

ノーマルでこの印象だと、私的にはスパーダだとちょっとギラギラし過ぎているかもしれません。

そして、それだけのために、3ナンバーになり、かつキャンプ場でのアプローチアングルを失うなら、まず選ばないでしょう。
(とっても、レアな理由ですから、スパーダ好きの方は気にしないでくださいね。)

というわけで、斜めから見ても。
201507_01stepwgnLampRP-02.jpg

普通に立った高さから見おろすと、なかなかハンサムに見えてきました。

そして、話題のわくわくゲート!

201507_01stepwgnLampRP-03.jpg

うちの駐車場は、乗り降り時に斜めに止めることが多いので、この片開きドアは、ちょうど空き三角スペースに嵌りますね。

これで、ウォークスルーで運転席までいければ、便利な場面は多いかもしれませんね。

ただし、うちの場合、この止め方は4枚ドアが自由に開け閉めできる止め方ですから、ここから乗ることはまずないでしょう。

右側をぎりぎりに寄せて止めるときは、バックゲートと壁は20cmも空きませんから、このゲート自体も機能しないのが残念です。

そして、バックドアを全開するには、車を道路へ50cmくらい出さないといけなくなるのは、RKステップワゴンと同じこと。
我が家のPでは、やはりこの大きさがネックとなってしまいます。

もうひとつ、このウォークスルーシートを選ぶと、8人は乗れなくなる

7人乗りで良ければ、エクシーガとか、他のミニバンも選択肢

というジレンマもネックとなりそうです。


201507_01stepwgnLampRP-04.jpg
さて、室内ですが、何しろ広いですね。

横壁垂直!

リアゲートも垂直!

ですから、室内容積はとてつもなく、広いです。

これで5ナンバーってところがいいですね。

(3ナンバーならいくらでも広くできるから、バンパーだけで3ナンバーじゃ納得いかないのですよ。)

運転席に座ると、視線高さがほぼRGステップワゴンと同じ。

だから、背が高い分、天井も遠くて、縦方向にも広大な室内空間です。

ただ、試乗車のブラウン系内装は、ちょっと半端なイメージでした。
201507_01stepwgnLampRP-05.jpg

大人しいけど上質感はないので、単に地味な感じ。

これが汚れると、ちょっと20年前の大衆車の如く、プアー感が出てしまうかもしれません。

いっそのこと、ベージュ系に撥水加工の方が上質感が出るように思います。

(ベージュ系に薄汚れは、一番プアー感出てしまうので、賭けな部分もありますが)

201507_01stepwgnLampRP-06.jpg

そして、室内で気になったのは、内装の仕上げ。

インパネトレイ部の凹凸付きウッド調に対して、ドアのスイッチパネルはソリッドカラーのつるつる仕上げ。

ドア肩は布と、プラスチックなシボ、ダッシュボートの質感も違います。


内装のデザイナーいなかったのでしょうか?

ドアスイッチパネル部だけでもつや消しウッド調にしてくれれば、なんとか統一感あったのですが、残念なことです。

とにかく多彩な収納や、3列目の劇的に軽い収納&分割なんか、よいところもいっぱいありますが、トータルでは、ちょっと質感で損している印象でした。


さてさて、いよいよ試乗。

運転して気付いたことをまとめてみます。

運転席の視界は十分広いですね。

201507_01stepwgnLampRP-07.jpg

特筆すべきは、三角窓です。

開けた分がしっかり視界としてつながり、フロントピラーの死角を感じさせないほど良好です。

ハンドル内からRG風に戻ったメーター類も、見やすくて違和感なく乗り始められました。

何しろテレスコピックが自由に調節できるのがいいですね。(汗)

RG乗りとしては、フロントスクリーン下が高くなって、若干圧迫感がありました。


ただ、YouTube動画などでは静かさが絶賛されていましたが、実際に乗るとそんなに静かなわけではありませんでした。

静か静かってさわいでいるのは、もしやアイドルストップしているからでは??

素人系レポートの恐いところかもしれません。

アイドルストップしたら、エンジン音が無くなり、どんなウルサイエンジンでも静かになりますよ!

実際の走行中のエンジン音は、近頃の1.5Lとしては並な感じ(以前よりはずっと静かですが)。

FITクラスでよく鳴るゴロゴロ音があって、FITよりは少し多めの遮音材で抑えられている感じ。

まあ、特別静かってほどではありませんでした。
(RGよりは確実に静かですが)

後方視界は、リアドアの柱は意外に気にならず、わくわくゲートであることの違和感はあまりありませんでした。

201507_01stepwgnLampRP-08.jpg

それより、室内が長くなったことにより、ルームミラーの視界が小さいのが、気になりました。
201507_01stepwgnLampRP-09.jpg

常に頭の位置を気にして覗く感じ。

ずれると、途端にルームミラー内がリアピラーだらけになってしまいます。
メーターが直ったのに、ちょっと不測の事態でした。

また、どうにも慣れそうもないのが、ドアミラー。
201507_01stepwgnLampRP-10.jpg

下3分の1が湾曲しているのだけれど、映る車がみなスクラップ状態に見えて、ドギマギしてしまいます。

そうまでして下の視界を増やす必要があるんですかね。

ステップワゴンは見下ろしタイプのドライビングポジションで、側方下の見切りは良い車なんですから。


もう一つ、どうしようもない不測の改悪がウィンカー。

軽くさわって点灯するまでは良いのですが、離しても止まらない!!

いろいろやったら、どうやら一度触ると必ず3回点滅するようです。

だから1回点灯や2回点灯は不可能な仕様というわけです。

ホンダはこういう、全くおせっかいなロジックが多いです。

RGのワイパーのウォッシャー動作でも余計に動きますが、8年乗ってても慣れません。

イグニッションONしないとたためないミラーとか。

パワーウィンドウもキーオフディレイ時に運席窓しか動かせないなど、ほぼ意味不明な仕様には何年経っても慣れません。

この「コントロールできないもどかしさ」。

走りが楽しいホンダ車と思っていたら大間違いな、コントロールできない部分がまた増えてしまったようです。


さて、肝心の走りの方ですが。

一言でいうと、「スムーズ」ですか。

とにかくエンジンのパワーが1.5Lでも必要十分なことは、多くのYouTube動画と同じ感想です。

足回りもRGのようなリアの跳ね感は皆無でスムーズな乗り味。

でもスムーズな分。中速(50km/h前後)でたまに感じる内臓を揺するような細かい振動がちょっと気になりました。

この辺は大きな揺れよりも反って子供が酔いそうでちょっと心配。

その他は、ハンドルもゆるめ、足回りも突き上げ感が無く、実にスムーズに走ってくれます。

ドライバーとしては、ハンドルタッチがダルな分コントロールは「できないもどかしさ」があるので、1段上の微妙なコントロールを楽しむことは諦めましょう。
(この辺はRGが楽しくて止められない由縁です)

背は高いですが、ロールは少なめ。

RKステップワゴンよりも、少ない感じでRGからの乗換でも、ほぼ違和感ないでしょう。

着座位置も低めで他社のミニバンよりはふらつき感が極小なのは、RPの良いところと思います。

燃費計は、平均9.0kmから変化しなかったので期待程ではありませんでしたが、都内の短距離使用の場合、RGでは6km/L台ですから、それなりに良いとは思います。


総合的には無難に良くできている車と思います。

交通標識がインパネに表示されたり、クルーズコントロールが結構下のグレードまで付いていたり、このクラスとしては充実していました。

駐車場的に5ナンバー一杯のサイズが問題なければ、7人乗り&広大に荷室で使い勝手が良いファミリーミニバンと言えると思います。




音の波をそのまま記録するDSD音源には
  音の波の形を再現するタイムドメインスピーカーが最適!!
    ハイレゾ本来の音を楽しむための!
    「micro iDSD PCオーディオDSDセット」!


↓同じテーマの人気ブログはこちら↓
《↓同カテゴリの人気サイトはこちら》
にほんブログ村 車ブログ ホンダ(車)へ
スポンサーサイト



2015.07.13(Mon)  HONDACOMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
月別アーカイブ
ブログ内検索
カウンター
ネット便利リンク集
ネット通販サイト比較表


ビックカメラ.com

Top