良 感 探 訪!
FC2ブログ
2010.08 □  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 
プロフィール

ki4_zou

Author:ki4_zou
アタラシもの&車好きのテクニカル・ライター。「伝える」と「伝わる」、「わかった喜び」を考えながら、日々テクニカル・コミュニケーション&タイムドメインスピーカーを手にしたチューニング・製品開発に精進しています。

良感ってなに?
「良感」って聞いた事がない言葉ですよね。
それもそのはず、何しろ勝手に作らせていただいた言葉ですから。

きっかけは、イタリア語の"simpatico"(aは`付)という言葉。
伊日辞書では「いいかんじ」になるのですが、巷で使われている「イー・カ・ン・ジ」とは、ちょっとニュアンスが違います。イタリア人は、見た目の善し悪しだけでなく、内面的な好感や親しみをこめて使っています。そんな言葉と「イー・カ・ン・ジ」を区別して使いたいと思い、「良感」と表現した次第です。

このブログでは、そんな好感や親しみの持てる言葉/話/物/人を取り上げて、人々に本当に役立つ話題や、世の中が朗らかになる話題を書き留めています。昨今殺伐とした社会生活が、少しでも明るくなり、人々が仲良く共生できるようになればと願っています。
ブログランキング
にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器へ
耳より情報
自然な音で録れるエノキダケマイク「モバイルタイムドメインマイク Gufo F」


2017/4/18〜21にTOWER RECORD ONLINEでポイント12倍セール開催!!

ゲームとリスク
昨日、ゲーム会社が訴えられるというニュースが目に止まりました。

ハワイ在住の男性が、韓国のオンライン仮想世界『Lineage(リネージュ) II』の制作・運営会社を、「ゲームにのめり込み過ぎて、日常生活ができなくなった」とのこと。

そんなのは自己責任だろ...と思うところですが、良感さがし的にはちょっと良感な傾向かと思いました。

「表現の自由」を主張する人は、なんでもやっても良いかのようにいいますが、やはり他人に悪い影響や迷惑を与える表現に対しては、何か歯止めが必要です。

しかし、表現をいちいち当局の検閲を通すというのもいやなものです。


そこで、考えられるのが民事的なバランス。

ゲームもテレビも雑誌も同じです。

中毒になるような内容、犯罪のヒントを与えるような内容、具体的な犯罪の方法を教える内容は、不特定多数が容易く目にするにはリスクが大きく、情報発信のしかたに気を使うべきではないでしょうか。

例えば、犯罪手法の分析を学術誌に記載してあっても、それを読んだり、購読する人は限られます。
一方、同様な情報でも小中学生が手にするようなゲームや安価な雑誌に記載されていれば、社会に与える影響は大きいでしょう。

そこで、今回のように「表現の自由」に対して、民事的な裁判によるリスクがよい歯止めになるように思います。
「発売してもいいけど、社会に悪影響を与えたら、その代償は払いなさい」と。


そうすれば、自ずと表現方法を配慮し、モラルの枠を超えない表現の自由というバランスが出来てくると思います。

そういった意味で、良感な社会になっていくには、一見しょうもない裁判のようですが、このように被害者がネタ元を訴えることが増えることが必要と思います。
被害者や支援弁護士グループには、泣き寝入りしないでどんどん訴えていくことが望まれます。

何か公的支援制度や簡易裁判制度でもあると、いいですね。


《参加しているブログランキング》
ブログランキング・にほんブログ村へTREview

【TREview】ならあなたも上位にランクイン!
スポンサーサイト



2010.08.25(Wed)  良感な話COMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
月別アーカイブ
ブログ内検索
カウンター
ネット便利リンク集
ネット通販サイト比較表


ビックカメラ.com

Top