良 感 探 訪!
FC2ブログ
2018.10 □  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 
プロフィール

ki4_zou

Author:ki4_zou
アタラシもの&車好きのテクニカル・ライター。「伝える」と「伝わる」、「わかった喜び」を考えながら、日々テクニカル・コミュニケーション&タイムドメインスピーカーを手にしたチューニング・製品開発に精進しています。

良感ってなに?
「良感」って聞いた事がない言葉ですよね。
それもそのはず、何しろ勝手に作らせていただいた言葉ですから。

きっかけは、イタリア語の"simpatico"(aは`付)という言葉。
伊日辞書では「いいかんじ」になるのですが、巷で使われている「イー・カ・ン・ジ」とは、ちょっとニュアンスが違います。イタリア人は、見た目の善し悪しだけでなく、内面的な好感や親しみをこめて使っています。そんな言葉と「イー・カ・ン・ジ」を区別して使いたいと思い、「良感」と表現した次第です。

このブログでは、そんな好感や親しみの持てる言葉/話/物/人を取り上げて、人々に本当に役立つ話題や、世の中が朗らかになる話題を書き留めています。昨今殺伐とした社会生活が、少しでも明るくなり、人々が仲良く共生できるようになればと願っています。
ブログランキング
にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器へ
耳より情報
自然な音で録れるエノキダケマイク「モバイルタイムドメインマイク Gufo F」


2017/4/18〜21にTOWER RECORD ONLINEでポイント12倍セール開催!!
新発売「iFi-Audio Pro iDSD」の好奇心度をアクティブ解説!
2018年10月30日に英国iFi-Audio社から発売の「iFi-Audio Pro iDSD
Pro_iDSD-01.jpg

PHILE WEB:iFI audioの旗艦D/Aコンバーター「Pro iDSD」、10月30日に発売決定

オーディオ的にはDSD1024(45/49MHz)に対応いていることが、ハイエンド・フラッグシップ機たる所以でもありますが。。。
DSD1024は一般には音源が存在しておらず、USBの規格をも上回るデータレートゆえ、あまり現実的なスペックではありません。ましてアップサンプリングしたら、、、。

しかしながら、カッパー・インフィニートが見立てた「Pro iDSDが好奇心をかきたてるポイント」は別のところにあります。

そこのところを一つずつ解説していきましょう。

1. BurrBrownチップ搭載のネイティブ再生DAC
そもそもDACチップが余計な処理をしていたら、ネイティブも何も始まりません。
でも、そこはiFi-Audio。
世に出回っているDACチップの中から、BurrBrownチップがDSDをPCM変換処理していないことを見い出し、頑なにBurrBrownのDACチップを搭載しています。
さらに音質に大きな影響を与えるジッター(時間軸のブレ)を Global Master Timing® で除去し、高精度再生を実現しています。


2. Bitperfect(NOSDAC)再生可能
いくらDACチップがネイティブでもそれを使った設計がされていないと、意味がありません。

iFi-Audio社のDACは、BitPerfect(デジタルフィルターなし=NOSDAC)再生を基本として設計していて、デジタルフィルターモード3種類も切り替え可能となっています。
もちろん、BitPerfectモードを使うことはおすすめします。
また、アップサンプリングもデータを崩しますから、使わないこと。

Pro_iDSD-03.jpg

3. SDカードプレーヤー&ネットワークプレーヤー搭載
iFi-Audio Pro iDSDは、単なるUSB DACではなく、microSDスロットやNAS、AirPlayの音楽データから再生することも可能です。
DAPやネットワークプレーヤーでもあるわけです。

また、ネットワーク配信サービスのSpotify、TIDAL、Napster、QQPlay、Qobuz等からのストリーミング再生にも対応しているので、これ一台で最良高純度のデジタル音楽再生環境を揃えることができます。

操作は、MUZO Playerアプリ(iOS/Android)から行い、ノイズ源となるディスプレイを搭載していないので、ピュアな音質と快適な操作性を両立しています。

USB DACとしては高価な機種ですが、ネットワーク対応や無線対応の高純度再生環境としては、複数の機器を揃えるよりも、ネイティブな再生環境を一気に揃えることができ、コストパフォーマンスが高いと言えるでしょう。


4. 光/同軸デジタル音声入力対応
USB入力だけでなく、光デジタル入力、同軸デジタル入力にも対応しており、幅広い機器をBitperfectで聴くことが可能です。


5. リモコンボリューム搭載
音量をリモコンで操作できる電動ボリュームを搭載しているので、例えばテレビの光デジタル音声を接続すると、テレビの音をNOSDACで聴くことが可能。座ったままリモコンで音量を操作できるので、使い勝手も良いDACです。


これだけ充実したUSB DACだから、税込388,800円という価格ではありますが、複数の良質な機器を買い集めるよりトータル出費は抑えられるのではないでしょうか?

これらの「Pro iDSDを買う理由」を参考に、「アーティストが想いを込めた楽曲を余すことなく聴きたい」という方には、これまでの再生環境とは別世界のiFi-Audio Pro iDSDでアートティストにより近づいて聴く再生」をお楽しみいただけたらと思います。

iFi-Audio Pro iDSDのお申し込みは、こちら

Pro_iDSD-02.jpg



なお、当面USB/光/同軸対応だけで良いという方には、Bitperfect再生可能なDACである、iFi-Audio micro iDSD/iDAC2をどうぞ。
DAC本来の正しい性能を引き出せるKIセットでお楽しみください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
たった2本のスピーカーで、立体的な音を再現できるタイムドメイン!
それは実際どんな音なのか?
タイムドメインスピーカー&チューニングモデルの試聴室!
タイムドメインスピーカー雑司が谷試聴室
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

↓同じテーマの人気ブログはこちら↓
にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器へ
スポンサーサイト
ダイソン掃除機ミニ比較レビュー
ダイソンには縁がなかったのですが、最近dc48タービンヘッドというダイソンの掃除機を使う機会があったので、手持ちのPanasonic MC-SR34Gと比較レビューをしてみました。

ダイソン 掃除機 DC48 Turbinehead DC48 TH SB


パナソニック サイクロン掃除機 メタリックレッド MC-SR34G-R


ダイソン 掃除機 DC48 Turbinehead DC48 TH SBは、価格が3万円前半と、だいぶ手頃になってきましたね。

重量もdyson dc48が2.7kg(本体のみ)に対して、Panosonic MC-SR34Gが2.6kg(本体のみ)と拮抗しています。
dysonというと、強烈に吸うけど重くてうるさいというイメージでしたが、年々改良されているのがわかります。

さて、両機種を使った印象は、やはりdysonの吸引力は強烈ですね。

さすが本家!


ただ、あの頭の痛くなる高周波はほとんどなくなったにしろ、やはり神経に触る騒音はちょっと大きめと感じました。

対して、Panasonic MC-SR34Rは、測れば数値的にそれほど変わらないのかもしれないけれど、神経に触る音が無いので、より静かに感じます。

こういうメカ音の質って、機械屋としては大事だと思うのですが、dysonにその機械屋センスを感じないのが、これまで買わない理由だったりします。

やっていることは、とても賢く独創的なんですけどね。


基本的には、どちらも十分優秀な製品ですので、あえて気になったところだけをピックアップしてみます。

まずは、排気。
20181001_cleaner_03.jpg
dysonは、真後ろのほぼ水平に排気を出しています。
これが、床面に溜まった埃を舞い上げやすいのが、気になるところ。

せっかくの吸引力でも、掃除機本体の方向を誤ると、床面の埃が上空に舞い上がったあとで、一生懸命吸っても、時間が経つと、ほとんど元通りってことになりかねません。

Panasonic MC-SR34Gの方は、真後ろの斜め上に排気をしています。
20181001_cleaner_04.jpg

これでも、掃除機本体の方向を誤れば床の埃を舞い上げるのですが、気の使い方はだいぶ少なくて済みます。
床に積もった埃を効率よく吸うことで、「掃除をする」という要件には効率よく時間を使えます。


次に気になったのが、ダストカップ。
20181001_cleaner_05.jpg


dysonは3分割タイプ
20181001_cleaner_06.jpg
左と手前は水洗いが可能ですが、右のパーツは水洗い不可となっています。

しかし、この部分の内側には粉汚れがびっしりです。

Panasonic MC-SR34Gの方は、4つのパーツ
20181001_cleaner_07.jpg

手前のエアフィルターは水洗い不可。その他の普段ゴミを貯める部分はすべて水洗い可能となっています。
中央の赤いパーツには、dysonと同様に内側に粉汚れがびっしりつきますが、ときどき水洗いができるので、安心ですね。

その代わり、細かいエアフィルターはdysonの方が水洗い可能。

対してPanasonic MC-SR34Gの方は定期的に交換が必要になるような紙系フィルターとなっています。

このパーツは実際に使うと、一番細かい粉ゴミが溜まるので、ここも洗えるとパーフェストだったんですけどね。

トータルのランニングコストならdyson、普段の使い勝手ではPanasonicと言ったところでしょうか?

ただ、気になったのが、ダストカップの素材。

dysonは透明感の高いプラスチックですが、ちょうどCDのプラケースのようで、爪が折れそうで怖かったです。
20181001_cleaner_08.jpg
20181001_cleaner_09.jpg

Panasonicの方は、特に気を使う部分もなく、ダストカップのゴミ捨てや水洗いもできました。


dysonの優れた点は吸い込み力なので、このパワーが欲しければ、dyson dc48の方がお買い得と言えるかもしれません。
毛足の長い絨毯敷きの家や、ワンフロアのマンションならdysonは良く仕事をしてくれると思います。


ただ、フローリングメインの家では、これほどの吸い込み力が必要無いとも言えるので、吸い込みよりも騒音を重視するなら、Panasonic MC-SR34Gの方がリーズナブルで使いやすいということになります。
フローリングや畳メインの家や、階段の多い戸建では、小回り聴いて排気で埃をとばしにくいMC-SR34Gの方が、良い仕事をしてくれるでしょう。

デザイン的にはdysonが洗練されているとは思いますが、デザインだけでなく、自分の家の条件を良く考えた上で選ぶことをおすすめします。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
たった2本のスピーカーで、立体的な音を再現できるタイムドメイン!
それは実際どんな音なのか?
タイムドメインスピーカー&チューニングモデルの試聴室!
タイムドメインスピーカー雑司が谷試聴室
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


↓同じテーマの人気ブログはこちら↓
にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器へ
アナログ再生を極める、"TIEN TT5"が受注開始!!
アナログオーディオフェア2018で発表となったアナログプレーヤー『TIEN TT5」が、ついに2018年9月1日発売となりました。
TT5_01.jpg

TIEN TT5の元になったモデルが「TIEN TT3 +Viora 10inch

TT3は、1kgのプラッターを3モーターで3点駆動するというアナログプレーヤーです。
3方向から軸を回すことにより、軸に余計なストレスが一切かからないという、世界中のプレーヤーを知り尽くした開発者ティエン氏ならではのアイディアが詰まっています。
またトーンアーム Viora 10inchにも独特のマグネット・ダンピング機構が採用され、いかに針が最適に溝から情報を得るかを考え尽くされたアナログプレーヤーです。

これだけの内容を税込810,000円(税別750,000円)で実現したコストパフォーマンスの高いアナログプレーヤーです。

PHILE WEB:ティエンのアナログプレーヤー「TT3」 - 合理性を突き詰め実現したサウンドを聴く (1/2)


そして、そのTT3の下にスパイクインシュレーター付きのトルクコントロールユニットをセットすることで、より最適なアナログ再生を目指したのが、「TIEN TT5」です。

TT5_04.jpg

ターンテーブルのトルクコントロールをするというアイディアは、ティエン氏がレコードスタンパーの製作過程の違いで、駆動トルクにより音が変わることに気づき、最適な駆動トルクで再生することで、レコードに刻まれた情報をより多く再生するために考案したものです。

TT5_05.png

一般的なダイレクトドライブ方式が1.5〜2.5kgf/cm、ベルトドライブ方式が0.55kgf/cmなのに対し、TT3でも3モーター合計で0.18kgf/cmと、格段に低いトルクで駆動しています。

TT5では、駆動トルクをさらに3段階に切り替えを実現しています。
そのレコードで最適な駆動トルクを選択することで、針の余計な振動や乱れが減ってフラットな走行を実現し、レコード盤の溝に刻まれて情報が、より正確に拾えるようになるとのことです。

「余計なことをしない」という考え方は、タイムドメインスピーカーとも共通する部分です。

トルク設定の目安は下記の通り。

●片面の収録時間が20分を超えるレコード => 中または低トルク
●DMM技術によるレコード        => 中または低トルク
●標準的な収録時間のレコード       => 高トルク
●オーディオファイル向けレコード     => 高トルク

アナログオーディオウェア2018では、実際に同じアナログレコードを駆動トルク設定違いで聴きました。
音質が劇的に変わるというより、余計なストレスで歪んでいた音が解放されて、より自然により生々しくなる感じでした。

TopWingカートリッジ朱雀もしくは青龍の性能も相まって、これまで体験したことがないような圧倒的な情報量と繊細さを堪能できることでしょう。

これは、スピーカーやアンプ、DACでも共通する「純度が高くなったときの変化」ですね!

これをたとえば1.5kgf/cmのトルクでぐいぐい引きづったら、それは音が全く違ってくるでしょう!!

さて、アナログレコードをとことん考え抜いたTIEN TT5は、税込1,674,000円(税別1,550,000)。

通常、弊社ではこの価格帯のラインナップしていないのですが、このTIEN TT5の内容を考えると実にコストパフォーマンスの高い製品ということで、敢えてラインナップに加えている次第です。

もし高級アナログプレーヤーを試しても納得できなかった良いと思い込もうとして疲れた方には、その最終回答として、一度じっくり聴いてみることをお勧めします。



「KIセット」とは?
タイムドメインスピーカーのチューニング工房「カッパー・インフィニート(Kappa Infinito)では、「好奇心無限大」をコンセプトに、いかに価格以上の美味しさを楽しんでいただくかを考えています。

カッパー・インフィニートが選んだ製品は、どれも「何も足さない、何も引かない」という方向に適したスピーカーやアンプ、DACを取り揃えています。
製品単体でも十分「秀でている」ものですが、本来その製品が持つポテンシャルを引き出して、一番美味しい状態を楽しむには、多少工夫が必要です。

それをカッパー・インフィニートで試行錯誤した結果、必要なものをセットにしたのが「KIセット」です。

light インツイートKIセット
 intuito_001.jpg
チューンドTIMEDOMAIN light+インシュレーターという「light インツイート」に対して、さらにその能力を生かす電源フィルターをセットにしたのが「light インツイート KIセット」です。
倍音重視のインツイートチューンと超高階像音のいいとこ取りセットとなります。


iFi-Audio nano iOne KIセット
20170504_iOne11.jpg
Bluetooth無線接続と市販音源に十分なDSD11.2MHz、PCM384kHzまで対応した高コスパUSB DACを据置機として使う場合に振動による音の劣化を防ぐために、インシュレーター、ケーブルを伝わる縦振動対策となる推奨USBケーブルをセットにしています。


iFi-Audio micro iDSD BL KIセット(写真はmicro iDSD)
KIinsu_02.jpg
基本的な性能はmicro iDSD単体に依存していますが、大きな筐体ゆえに発生しやすい振動による音の劣化を防ぐために、インシュレーターとケーブルを伝わる縦振動対策となる推奨USBケーブルをセットにしています。


Lotoo PAW Gold2 KIセット
PAWGOLD2_02.jpg
単体で並外れた性能を持つLotoo PAW Goldを、据置機として使うとき損なわないためのインシュレーターをセットにしています。また、市販としてはトップクラスの低ジッター設計であるLotoo PAW Gold2ならではの。音楽専用microSDカードと共に、その特別な再生環境をお楽しみいただけます。


>iFi-Audio iPurifier AC KIセット
iPurifierAC-KI.jpg
コンセントに差すだけで周辺の機器の電源ノイズを低減できるiFi-Audio iPurifier ACは、アース端子付き仕様となっています。オーディオ用にアース付きコンセントを用意していない方にも、iPurifier ACを気軽にお使いいただくために、2P変換アダプターとアースケーブルをセットにしています。



ご興味のある方、一度聴いてみたいという方は、お問い合わせフォームからご予約ください。休日も事前のご予約にてご利用いただけます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
たった2本のスピーカーで、立体的な音を再現できるタイムドメイン!
それは実際どんな音なのか?
タイムドメインスピーカー&チューニングモデルの試聴室!
タイムドメインスピーカー雑司が谷試聴室
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


↓同じテーマの人気ブログはこちら↓
にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器へ
CD音源再生を極めるプレーヤー"Lotoo PAW Gold2"のミニレビュー
2018年2月10日に発売された”Lotoo PAW Gold2
PAWGOLD2_06.jpg

2014年12月発売の”Lotoo PAW Gold”のマイナーチェンジモデルです。

生産委託先が変更になったのに伴い、若干使用部品が変わっているようですが、基本設計に変更はないとのこと。

というか、すでに”Lotoo PAW Gold”でやり尽くした完成度なので、あまり弄りようがないようです。

また、2018年夏頃には、Lotooから”PAW Gold Touch”という、タッチパネル式の新モデルが発売されるとのことで、こちらを待ち望んでいる方も多いのではないでしょうか。

20180701_PAWgold2_17.jpg

では、いまさらなぜカッパー・インフィニートとしてCD音源再生に「Lotoo PAW Gold2」を推奨するかというと。。。

(1) DSDもPCMもネイティブ再生可能なバーブラウンのDACチップを積んでいること。

(2) 市販品としては格段に高精度なジッター性能(時間軸のブレ具合)を持っていること。

(3) 固くて小さい塊感のある筐体がタイムドメイン的な振動対策にもっともてきしていること。

(4) 電源周りやマイコンノイズ関係のノイズ対策が万全なこと。

(5) Lotoo社として、音質的なフラッグシップ機として今後も継続生産すること。


そう、PAW Gold TouchもPAW 5000 Mk2もDACチップには旭化成社製のAKシリーズが搭載されているわけで、実際に何もしないバーブラウンチップと比べると、何かしている音なわけです。

一般的にはヘッドフォン使用では問題ないクオリティにはなっていますし、モバイル機器としての使い勝手は、PAW Gold Touchの方が優れているかと思います。

ただ、タイムドメインスピーカーの高解像モデルである、TIMEDOMAIN Yoshii9 MK2やmidTowerトカンテ、TIMEDOMAIN-Lab i-Side 、lightインツイートでは、何かしているDACチップでは究極のパフォーマンスが得られないわけです。

また、ずっしりと重いLotoo PAW Gold2は、モバイルというより家庭で使用する据置プレーヤーとして、振動対策や電源対策が行き届いた、唯一無二のプレーヤーと考えます。

もし、これまでCD音源の真価を聴くために、いろいろなプレーヤーやDACを試して納得できていない方には、是非一度時間軸精度と振動対策を兼ね備えたPAW Gold2+タイムドメインスピーカーの音を聴いてみてください。

PAW Gold2には、今まで解けなかった謎の答えが、いろいろ詰まっていると思います。

正に、好奇心をくすぐる究極のCD音源再生プレーヤーが” Lotoo PAW Gold2”というわけです。

カッパー・インフィニートでは、この” Lotoo PAW Gold2”で最高のパフォーマンスを引き出していただきたく、KI特製インシュレーター"Calma"との組み合わせで販売しております。

20180701_PAWgold2_12.jpg

振動対策が行き届いているPAW Gold2とはいえ、やはり置き台との間で音が加わってしまいます。
そして、そのピュアさ故にその僅かな音の劣化もタイムドメインスピーカーではわかってしまいまうため、インシュレーターの併用がおすすめというわけです。

柔軟性のあるインシュレーターは、4分の1くらいのところで凹みを作ることで、プレーヤーの置き台としても役に立ちます。
20180701_PAWgold2_13.jpg
20180701_PAWgold2_14.jpg

また、よりディスプレーを見たければ、垂直に立たせることも可能です。

20180701_PAWgold2_15.jpg
20180701_PAWgold2_16.jpg

いずれにしろ、置き台とプレーヤー本体との間には緩衝材が入りますので、プレーヤーの振動吸収と、置き台から反射する音は抑えられ、ピュアな再生を劣化させずに楽しむことができます。

さらに、カッパー・インフィニートでは、PAW Gold2のピュアさをご堪能いただきたく、ご購入いただいた方には音楽再生専用SDカードをプレゼント中。

音楽再生専用SDカードの実力も併せてお楽しみください。

20180701_PAWgold2_11.jpg

タイムドメインスピーカー雑司が谷試聴室では、Lotoo PAW Gold2をはじめ、PAW 5000MK2、PAW Picoの試聴機をご用意しております。

特にPAW Gold2をじっくり試聴できるお店はかなり少ないと思いますので、是非この逸品を静かな家庭環境でご試聴いただければと思います。

ご興味のある方、一度聴いてみたいという方は、お問い合わせフォームからご予約ください。休日も事前のご予約にてご利用いただけます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
たった2本のスピーカーで、立体的な音を再現できるタイムドメイン!
それは実際どんな音なのか?
タイムドメインスピーカー&チューニングモデルの試聴室!
タイムドメインスピーカー雑司が谷試聴室
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


↓同じテーマの人気ブログはこちら↓
にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器へ
月別アーカイブ
ブログ内検索
カウンター
ネット便利リンク集
ネット通販サイト比較表


ビックカメラ.com

BackTop