アレンジメント
良 感 探 訪!
2017.05 □  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 
プロフィール

ki4_zou

Author:ki4_zou
アタラシもの&車好きのテクニカル・ライター。「伝える」と「伝わる」、「わかった喜び」を考えながら、日々テクニカル・コミュニケーション&タイムドメインスピーカーを手にしたチューニング・製品開発に精進しています。

良感ってなに?
「良感」って聞いた事がない言葉ですよね。
それもそのはず、何しろ勝手に作らせていただいた言葉ですから。

きっかけは、イタリア語の"simpatico"(aは`付)という言葉。
伊日辞書では「いいかんじ」になるのですが、巷で使われている「イー・カ・ン・ジ」とは、ちょっとニュアンスが違います。イタリア人は、見た目の善し悪しだけでなく、内面的な好感や親しみをこめて使っています。そんな言葉と「イー・カ・ン・ジ」を区別して使いたいと思い、「良感」と表現した次第です。

このブログでは、そんな好感や親しみの持てる言葉/話/物/人を取り上げて、人々に本当に役立つ話題や、世の中が朗らかになる話題を書き留めています。昨今殺伐とした社会生活が、少しでも明るくなり、人々が仲良く共生できるようになればと願っています。
ブログランキング
にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器へ
耳より情報
自然な音で録れるエノキダケマイク「モバイルタイムドメインマイク Gufo F」


2017/4/18〜21にTOWER RECORD ONLINEでポイント12倍セール開催!!
今シーズンの水出し始め
蒸し暑い梅雨の時期。

この時期になると、水出し珈琲の季節です。

水出し珈琲を作るようになって、10数年。

ずっと使ってきたハリオの水出し珈琲ポッドが昨年引退となり。

今年は、2代目ハリオ 水出し珈琲ポット8杯用 1,000ml MCPN-14B
がデビューとなりました。



10数年ぶりに手にした水出し珈琲ポッドは、少しテーパーがついて末広がりになっていますが、基本的な進化はないようです。
他社のもあまり特徴がなく、やっぱりガラス製が洗いやすく、長持ちするということで、今回もハリオ社製品を選びました。

201606−01coffee_01

今年初の水出し珈琲は、モカブレンド。

水道の浄水を常温でそのまま投入して淹れているわけですが、色はすぐに出ます。

珈琲の色が濃い薄いは湯温は関係ないんですよ。

「じゃあ、水でいいじゃないか」と思うと、それは色だけの話で。

そのまま飲むと、とっても美味しくない!

珈琲の出がらしにお湯を通して飲んでいるような感じです。


でもでも。

これが、8時間豆を水に浸けておくと。

実に良い香りが乗るんですよね〜。

しかも、最初っから冷めている。

というか、冷蔵庫で冷やしているので、冷たいまま香る珈琲になるわけです。

だいたい、三日ぐらいは冷蔵庫で香りが保ちますから。

最初に淹れたときは、それまでの珈琲を淹れるという概念がいろいろ崩れていく衝撃でした。


そして、もう一つの特徴が、苦味が出ないこと。

苦味は湯温に比例するんですね。

苦味がないから、砂糖・ガムシロも不要で、香る珈琲を楽しめます。

元々珈琲は苦味よりも香りが好きだったので、この時期の水出し珈琲は止められません。

珈琲の香り好きの方は、一度お試しください。





↓同じテーマの人気ブログはこちら↓
にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器へ
スポンサーサイト
2016.06.21(Tue)  こもれびCOMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
震災でもブラック総理!
先の東日本大震災では、当時民主党の管総理の対応について、批難してきた自民党。。。

熊本地震が起きた今、自民党の安倍総理の対応は、さぞかし完璧なんでしょうね。。。。

と、思ったら。

酷いですね〜〜。

ブラック総理全開暴走でした〜。

これなら、管総理の方がまだマシだったという声もSNSでチラホラと。。。

>着の身着のまま避難している人に、配布でなく、買えということらしい。
Yahooニュース:熊本地震 安倍首相「今日中に店頭に70万食を届ける」(産経新聞)

>民主党当時1日かかった激甚災害指定が、自民党だと4日経っても未決定ということか。
Yahooニュース:熊本地震、首相「激甚災害指定の方向で間違いない」答弁(朝日新聞デジタル)

>軍事化の実績作りだけは素早い対応!でも短距離輸送なら大型ヘリの方が機動的では??
Yahoo!ニュース:オスプレイ、熊本地震でどう活動? 安全に懸念は? ネパールの前例(乗りものニュース)

>でも増税とTPPは何がなんでもするそうで。
Yahoo!ニュース:首相 地震後も増税予定通り | 2016年4月18日(月)

激甚指定しない>東日本大震災レベルではないから増税は予定通り 

と、オボッちゃまの稚拙な考えか、はたまたブラックな黒幕の南蛮策略か?

まあ、日和見のブラック総理は、数日中には手のひら返し、二枚舌となりそうですが。


↓同じテーマの人気ブログはこちら↓
にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器へ
2016.04.18(Mon)  こもれびCOMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
新聞の見出し
入学式シーズンの4月。
東大総長の式辞が話題となっています。

netgeek:東大学長の「新聞を疑って読め」という入学式メッセージを読売新聞が「新聞を読もう!」に要約してまさしく言葉通りの事態に

「東大総長は、新聞の見出しを鵜呑みにせず、本文をしっかり読むこと。」
「さらに、日本の新聞社の記事を鵜呑みにせず、海外メディアの記事と見比べること。」

これを新入生に訓示したわけですが、早速読売新聞がやってしまいました。

「東大生よ、新聞を読もう」(http://www.yomiuri.co.jp/national/20160412-OYT1T50071.html)

見出しだけを見ると、「日本の新聞をしっかり読もう」とも取れる印象。

では記事を読むと。「本文をしっかり読んで、内容の理解しよう」と言ったところですか。

これでは、東大総長の意図するところの意味とは違う内容です。

単純に「読売新聞社は記者の読解力を鍛えよう」という自虐ネタとなってしまいました。

また、「日本の新聞記事は信用ならぬ」を体現してしまったとも言えます。

まあ、今どき大手新聞を読んだり、増して鵜呑みにするなんて非常識になりつつありますが。

まだインターネットを見ない層は、洗脳されてしまうんでしょうね。


よく「ネットの情報なんて信用ならぬ」と言う人がいますが。

テレビ、新聞、ネットニュース、ツイッターをしばらく観察していると。

スピード:ツイッター>>>ネットニュース>テレビ>新聞
信用度: ツイッター>ネットニュース>>>テレビ>新聞

と言った印象です。(個人的な感想です)

もちろん、東京新聞とか中日新聞とか地方紙とか、極地的に頑張っている方々もいらっしゃいますが。

何しろツイッターの情報を選択するのが、精度もスピードも抜群となってしまいました。

ツイッターで話題になったことが、数日後にテレビニュースになるということはしょっちゅうです。

きっと、記者も取材しないでツイッターをネタを拾っているんでしょうね。

また、ネットニュースもさまざまですが、利権やスポンサーフィルターがランダムにかかるので、複数のネタ元を比べると、一つの新聞社のご都合記事よりは、数段精度が高くなるように感じます。

もう、新聞をとるのを止めてから15年以上経ちますが、いよいよ新聞メディアが自ら崩壊していくときが近づいてきたように思います。


〜音の波をそのまま記録するDSD音源には
  音の波の形を再現するタイムドメインスピーカーが最適!!
    ハイレゾ本来の音を楽しむための!
    「micro iDSD PCオーディオDSDセット」!


《参加しているブログランキング》
ブログランキング・にほんブログ村へ
2016.04.15(Fri)  こもれびCOMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
安保法案の賛否
先週ついに、安保法案が参議院でも可決されました。

昨年12月の選挙でわかったいたこととは言え、自民党も公明党も誰一人として反対票を投じる人がいなかった。

公明党は、自民の属党が決定ですね。
平和の党ではなく、戦争に賛成する党&それを指示する宗教団体という認識が明確となりました。


ところで、安保法案に関するネットのコメントを見ていると、

反対派=左

賛成派=右

と言った決めつけが多いように思います。

反対派の中には、確かに極左的な人や某国工作的な人も混ざっているとは思いますが、単に戦争反対な人、領海危機対応は必要だが遠いところへの派兵は反対な人、派兵は容認するけど憲法を蔑ろにすることに反対の人など、様々な人の総計が、あのデモの数であり、世論調査の反対票であると思います。

賛成派の中にも、純粋に大日本帝国復興を願う人、単に領海危機が必要と考える人、政府は嘘をつかないと信じている人など、実は様々な考えが混ざっていると思います。

それが、お互いを自分の反対と決めつけているので、どうも噛み合ず、議論にも理解にもつながっていないような感じです。


日本人は、なぜこう決めつけたがるのでしょうか??


今回の法案にも領海警護のグレーゾーンに関する部分もあれば、単に派兵するための言い訳も含まれているので、法案を切り分ければ、もっと議論が進んだように思います。
それぞれの項目に賛成と反対の意見が示せれば、政策に国民の意思が反映されたことと思います。


まあ、これを一緒くたにして,どさくさに紛れて大日本帝国復興しようと言うのが、ブラック総理の狙いですから、自民党から分けようとはしないのですが、公明党や維新、民主党などの立ち回りによっては、変わったかもしれません。

そして、このブラック総理の狙いを読めない(推論できない)大人がこれほど多いとは、ちょっと驚きでした。

管官房長は、昨年の選挙で「集団的自衛権は争点ではない」と言い切っています。

しかし、今回議席数=民意を得ているで、押し通した訳です。

しかも、安保法案の事例は二転三転し、嘘が暴かれています。

オリンピック招致で「Fukushimaはコントロールされている」と言い切ったブラック総理ですが、その後にメルトダウンしていたとか、雨が降る度に汚染水が海へだだ漏れなわけで、世界にも平気で嘘を付ける厚顔です。

本来なら国民投票や、衆議院解散して民意を問うというのが真摯な態度と思いますが、やらない。

まあ、これだけ嘘をつき続けるブラック総理を信じようとは、まさに平和ボケ国民であることも事実と思います。

そして、嘘をつく人はこれからも嘘をつき続け、国民も騙され続けることになるでしょう。

ゆくゆくは、戦前の日本や今の朝鮮半島のような監視社会。
「非国民」と非難し、密告し合う社会。


是非、一人ひとりが物事の一つひとつを再評価して意見を持ってもらいたいと思います。

報道やネットの噂をなんでも鵜呑みにするのではなくて...。

そして、一番大事なのが、その境目を選挙で意思表示するということです。

昨年の選挙では、経済政策では自民党を指示する人も多かったでしょう。

でも昨年の選挙の境目は、経済ではなく集団的自衛権だったのです。

そして、好きな政党に投票するのではなく、ダメな政策の政党を消去法で選んで行くことが重要です。

経済政策はどの政党が与党になっても、ある程度そのときの必然性でやるべきことは決まってしまうのですから。


それこそ、日本人の民度が試されるのが、次の選挙ということでしょうね。

そして、選挙に行かないのは、その時勝った与党に一票いれるのと同じ事。

もし将来徴兵なんてことになれば、選挙に行っていない若者から勇んで出征していただくということになりかねないのですから。

投票率が80%前後まで行けば、きっと日本は変わると思います。


↓同じテーマの人気ブログはこちら↓
にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器へ
2015.09.21(Mon)  こもれびCOMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
東日本水害の取材ヘリの賛否
先週、鬼怒川で大規模な水害がありました。

その中で、救助ヘリによる救助活動映像が、数多くテレビで放映され、またもやマスゴミ各局の取材合戦が加熱ではないかと話題になっています。

そこに、元局アナの方が、反論を書かれていました。

BLOGOS: "災害時のヘリ取材は邪魔なのか"
http://blogos.com/outline/133891/

テレビには映らない裏側の話は興味深いものがあります。

しかし、読んでいて直感的に思ったのは、「この人ABE化してる」ってこと。

まずいものには触れず、過去を美化し、品行方正な正論を装っているように感じました。


でも、実際に過去の災害現場では、ヘリの音で声が聴こえないわけだし、救助犬の聴力も確実に足を引っ張っていることでしょう。

また救助ヘリのパイロットにとっては、悪条件化でホバリングするだけでも高等技術なのに、周りに何機も飛ぶヘリの位置把握にも、常に神経を裂かなければいけないわけで。

いくら望遠レンズとは言え、邪魔していることにはかわりないと思います。

自分達の都合を優先する思考のマスゴミエゴですね。
それが当たり前になってしまって、何も感じないのでしょう。
ジャーナリストとしたら、致命的な感性劣化かもしれません。


このような言動が、世の中どんどん増えていることを危惧しています。
自分の都合の良い部分だけを取り上げて美化するのは、正に戦前の大日本帝国・大本営の手法です。

そして、「非国民」「売国奴」を連呼して、反対意見を言いづらくし、国民総動員へと洗脳していく。

この方も、まんまとABE系の「大日本帝国復活」組の洗脳に飲まれているようです。

決して、近隣の防衛が不要とは思っていませんが、それを隠れ蓑にどこでも戦争できるようにするのは悪意を感じる次第。
本当に近隣に危機を感じているなら、個別自衛権の範囲でグレーゾーンを解決する法案を出せばよいだけですから、「どさくさにまぎれて」というところに気が付いてブレーキをかけるべきと思います。
そして、戦争ができる国になった途端、何もしなくても失う物をよく考え、理解すべきでしょう。

今こそ、日本人は過去に学び、同じ過ちを繰り返してはいけないのだと思う次第です。



↓同じテーマの人気ブログはこちら↓
にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器へ
2015.09.15(Tue)  こもれびCOMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
ブログ内検索
カウンター
ネット便利リンク集
ネット通販サイト比較表


ビックカメラ.com

BackTop