アレンジメント
良 感 探 訪!
2017.08 □  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 
プロフィール

ki4_zou

Author:ki4_zou
アタラシもの&車好きのテクニカル・ライター。「伝える」と「伝わる」、「わかった喜び」を考えながら、日々テクニカル・コミュニケーション&タイムドメインスピーカーを手にしたチューニング・製品開発に精進しています。

良感ってなに?
「良感」って聞いた事がない言葉ですよね。
それもそのはず、何しろ勝手に作らせていただいた言葉ですから。

きっかけは、イタリア語の"simpatico"(aは`付)という言葉。
伊日辞書では「いいかんじ」になるのですが、巷で使われている「イー・カ・ン・ジ」とは、ちょっとニュアンスが違います。イタリア人は、見た目の善し悪しだけでなく、内面的な好感や親しみをこめて使っています。そんな言葉と「イー・カ・ン・ジ」を区別して使いたいと思い、「良感」と表現した次第です。

このブログでは、そんな好感や親しみの持てる言葉/話/物/人を取り上げて、人々に本当に役立つ話題や、世の中が朗らかになる話題を書き留めています。昨今殺伐とした社会生活が、少しでも明るくなり、人々が仲良く共生できるようになればと願っています。
ブログランキング
にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器へ
耳より情報
自然な音で録れるエノキダケマイク「モバイルタイムドメインマイク Gufo F」


2017/4/18〜21にTOWER RECORD ONLINEでポイント12倍セール開催!!
「富士重工業」が終わる日
2017年3月31日。

「富士重工業」が最後の日となりました。

富士重工業と言ってもピンとこない人も多くなっているかもしれません。

それは、スバルを作っている会社の正式名称「富士重工業株式会社 (英文表記:Fuji Heavy Industries Ltd.)」、、、だった。

livedoorニュース:富士重工業 4月1日に社名を「SUBARU(スバル)」に改名

4月1日からは、「株式会社SUBARU (英文表記:SUBARU CORPORATION)」となります。


そう、「重工業会社」だったのですよ。

実際に、飛行機の部品やヘリ、鉄道車両、バスボディ、清掃車の後ろ部分などの大きくて重たいものも作っていました。

現在は主に自動車部門と航空宇宙部門、産業機器部門に整理されています。

中島飛行機を起源とする会社。
昭和の時代にはこの「重工」が人気があったわけで、ずっと使い続けてきたわけですが、自動車部門が主力になった今となっては、ブランド名「SUBARU」と社名を一致させるのは流れでしょうね。

株屋は一時期400万台/年クラブじゃないと車メーカーは生き残れないと言い切っていましたが、

100万台/年でも独自の技術で立派に生き残っているだけでなく、抜群の利益率を誇っているわけで、日本のメーカーとしては理想のポジションかと思います。

数を求めず、価値と質で欧州の有力メーカーと引けを取らない存在となりました。

世界のブランドとして、今後も発展して行ってほしいと思います。


それにしても、性能的には格安のコスパですが、軒並み300万超えとなって寂しい今日この頃。

果たして再びスバルオーナーとなれる日は来るのだろうか??

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
セリフがスクリーン上の役者から聴こえてくるホームシアター!
しかも、たった2本のスピーカーで!!
果たして「立体音ホームシアター」とは?
その音が体験できる「タイムドメインスピーカー雑司が谷試聴室」!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


↓同じテーマの人気ブログはこちら↓
《↓同カテゴリの人気サイトはこちら》
にほんブログ村 車ブログ ホンダ(車)へ
スポンサーサイト
2017.03.31(Fri)  SUBARUCOMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
エクシーガがクロスオーバー7に
スバルのミニバン「エクシーガ」がいつのまにか「エクシーガ クロスオーバー7」になっていました。



よく見れば、4月には発表されていたんですね。

未だ街では見かけないので、気付きませんでした。

それにしてもエクシーガは不思議な車です。

レガシィワゴンで7人乗りを実現するには、はやり背の高さを使うしかない。

それをそのまま形にしたのが、初期型エクシーガでした。

コンセプトは良かったのですが、なんともあか抜けないデザイン。

しかもその1年前にRG ステップワゴンを買ったばかりで、残念ながら買うことはありませんでした。

もう1年早ければ、十分候補になっていたんですけどね。

そうして何年かして、なんかかっこの良いスバルが走っていると思ったら、マイナーチェンジ後のエクシーガでした。

ヘッドライトが大胆に大きくなり、ボディの分厚さに見合って、俄然よくなっていました。

この顔で1年早く出ていたら、間違いなくエクシーガだったでしょう。

今やRG1でファミリースキーやキャンプに行くようになって、

はやりスバルの4WDが恋しくなります。


そして、そして、「クロスオーバー7」に

そう、ノーマル エクシーガは静かに消滅!

SUVに一本化されました。

ん〜〜、そんなには売れていなかったようだから、仕方の無い末路かもしれません。

でも、このクロスオーバー7は、さらにデザインが洗練されてバランスが良くなっているではないですか!

もう7人乗り故の分厚さはマイナスポイントでは無くなってしまいました。

そうしたら、シアターシートや広い室内と、4WD性能を両立した優れものということになりそうです。

レヴォーグの方が絶対性能は良いでしょうけど。

リア後端を絞った屋根は、積載性に欠けるので、BH乗りだった身からすると、エクシーガの方が正統な後継車種に見えるわけです。

YouTubeにも試乗動画が載っていますね。

ステップワゴン程ではないですが、その辺は注目度の差ですかね。

雑誌系は良いことしかかかないので置いておいて、素人系でもあまり悪いことは言ってないですね。

タイミングが合えば、是非載ってみたい車です。

今は、キャンプの積載量を考えると、RG1が代え難いですが、いずれ子供がキャンプなんか付き合ってくれなくなれば、走りのよいスバルの4WDに復帰する日も来ることでしょう。



音の波をそのまま記録するDSD音源には
  音の波の形を再現するタイムドメインスピーカーが最適!!
    ハイレゾ本来の音を楽しむための!
    「micro iDSD PCオーディオDSDセット」!


↓同じテーマの人気ブログはこちら↓
《↓同カテゴリの人気サイトはこちら》
にほんブログ村 車ブログ ホンダ(車)へ

2015.07.06(Mon)  SUBARUCOMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
あのインプレッサが復活!
日本で大注目を浴びた一台のインプレッサWRX

それは、あのトンネル崩落事故で、奇蹟の脱出をしたあのインプレッサ。

あの屋根が潰れた姿からして乗員が助かっただけでも素晴らしいことでしたが、

さらに素晴らしいオーナー&スバルディーラーマンが、また元気な姿に復活させたそうです。

中津スバル販売のブログ「インプレッサは蘇った。

グローバル経済と称して大量消費使い捨てが当たり前のようになってしまった世の中ですが、

こうして、一台の車を愛して付き合う姿勢は、昔はよくあった話。

日本人が忘れた心を思い出すべきときではないかと思う、良感な話と思います。



icon Y9P大理石製インシュレーターが解き放つ
  TIMEDOMAIN Yoshii 9の新たな世界!?
    部屋の広さを越えて広がる余韻&一回り下のクリアな低音!
    「TIMEDOMAIN Yoshii 9 Premium」!


↓同じテーマの人気ブログはこちら↓
《↓同カテゴリの人気サイトはこちら》
にほんブログ村 車ブログ ホンダ(車)へ
2014.05.22(Thu)  SUBARUCOMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
世界でスバルが役立っている模様
先週の東京は大雪に見舞われましたが、今週もまた大雪が降るかもしれないとのこと。

でも今年は日本だけでなく、世界各地で大雪に見舞われ、混乱しているようです。

そんな冬に、こんなニュースを見つけました。

livedoornews「スバル車の威力に外国人ら驚き

米国でスタックしたパトカーをインプレッサが救出した映像


他にも英国では救急車を救出していました


これは今年ではないですが、踏切でスタックしたトレーラーも救出


ごっついタイヤのRV車が救っても当たり前のように見えますが、

あんな薄いタイヤの乗用車が役に立つところにインパクトがありますね。

これはインプレッサに牽引ロープを標準装備するといいかも。(^^;)

いや〜、スバルは凄い車を作ったものです。

やはり四駆を買うならスバルかなぁ?


icon Y9P大理石製インシュレーターが解き放つ
  TIMEDOMAIN Yoshii 9の新たな世界!?
    部屋の広さを越えて広がる余韻&一回り下のクリアな低音!
    「TIMEDOMAIN Yoshii 9 Premium」!


↓同じテーマの人気ブログはこちら↓
《↓同カテゴリの人気サイトはこちら》
にほんブログ村 車ブログ ホンダ(車)へ
2014.02.13(Thu)  SUBARUCOMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
途中は無い自動ブレーキシステム
先日、ディーラーの自動ブレーキ体験で、マツダの車が停止ぜずにフェンスに衝突するというニュースがありました。

調査の結果がスピードの出し過ぎで、4~30km/hの動作範囲を超えていたため、動作しなかったとのことでした。

確かに、いくらブレーキ体験とは言え、フェンスに突っ込むことがあるのかと思っていましたが、突っ込む程のスピードが出ていたわけですね。

この理由自体には納得するのですが、どうもおかしい!

そう、一般の運転者が4〜30km/hの範囲に入っているか入っていないかなんて、咄嗟の時に常に把握しているわけはなく、これは市場に出れば常に起こりうること。

4〜30km/hの動作範囲は、作った側の方便です。

「だから、ブレーキの補助装置ですから...」という言い訳が聴こえてきそうですが、

ならば「自動ブレーキ」と誤認するような広告やプロモーションを行う時点で間違えている訳です。

トヨタのレーダー式自動ブレーキもしかり。
不要な時にブレーキがかかってしまうのも、危険度的には同じでしょう。

「こういう場面では自動ブレーキがかかって安全に停まれる」

なんていう前提条件を挙げた時点で、そのメーカーは自動ブレーキもどきなんて発売しない方がいいと思います。

実際の道路では、あらゆる条件が重なる訳ですから。

自動ブレーキに動作条件を付けるような「途中」はありません。


まあ端的に言えば、データの蓄積不足ということでしょう。

あらゆるパターンで検証し尽くしていないのに、製品として発売してしまったということと思います。

この分野で唯一実用と言えるのは、スバルのアイサイトのみでしょう。

これは一朝一夕にできたものではなく、開発開始から25年ものデータの蓄積の上に成り立っているわけです。


効率化とか、コストダウンとか、アメリカ会計なんて言ってないで、トヨタもマツダもその他メーカーも、こういう開発費をもっと使わないと、将来追ってくる東南アジア諸国や中国の自動車メーカーに飲み込まれてしまうことになるかもしれません。




icon Y9P大理石製インシュレーターが解き放つ
  TIMEDOMAIN Yoshii 9の新たな世界!?
    部屋の広さを越えて広がる余韻&一回り下のクリアな低音!
    「TIMEDOMAIN Yoshii 9 Premium」!


↓同じテーマの人気ブログはこちら↓
《↓同カテゴリの人気サイトはこちら》
にほんブログ村 車ブログ ホンダ(車)へ
2013.11.28(Thu)  SUBARUCOMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
ブログ内検索
カウンター
ネット便利リンク集
ネット通販サイト比較表


ビックカメラ.com

BackTop